無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,106
2021/06/12

第4話

3話 僕の朝
ー次の日ー
ころん
ころん
う、うーん…起きなきゃ。
現在の時刻は午前5時30分。
新しいお父さんの子供の5人と一緒に暮らしはじめて、はじめて迎える朝。
ころん
ころん
…ていうか、早く女装しちゃおう!
僕は皆が起きる前に女装しなくちゃならない。なんせバレたらおわりだからね!
青
よぉーし!
女装完了、今日もぶりっ子を演じてきらわれるぞぉ。
青
この日のために制服も用意したんだからね!
…そういえば、朝食作った方がいいかな?
お腹すいたし…。うん、作ろう!



















ーなーくんsideー
…キッチンから甘い匂いがする。
お腹すいたなぁ。
俺はベットから起き上がり、キッチンの方へと向かう。
そこにいたのは…。
青
あ、なーくん!おはよぉ。
制服を着て、朝食にワッフルを作っている青ちゃんだった。
…やっぱり、青ちゃんは顔は可愛いんだよな。そのパッチリとした目に、綺麗な青色の髪。ぶりっ子じゃなかったら、きっと好きになっていたと思う。
青
…なーくん?
ななもり
ななもり
あ、青ちゃんおはよう。
そういえば、青ちゃんは誰かに似てる。












…そうだ、生徒会長のころんさんだ。
性格は全く似てないけど…。
青
ワッフル作ったんだぁ!
よかったら食べてよぉ。
ななもり
ななもり
うん、ありがとう。
ななもり
ななもり
…いただきます。
俺はワッフルにかぶりつく。
そのワッフルは、ちょうどいい甘さで、
ふわっふわで、とっても美味しかった。














気づいたら、全部食べていた。
青
どうですか、美味しかったでしょう。
皆の分も作っておきましたからね。
では、学校にいってきます。ニコ
現在の時刻は午前6時40分。
青ちゃんは笑顔でそう言うと、学校に行ってしまった。
やっぱり、この笑顔は見たことがある。
…皆を起こさなきゃ。

















ーころんsideー
気づいたら僕はぶりっ子を演じるのを忘れていた。
…まぁ、気づかれてないだろ。
公園のトイレで着替えを済ませ、学校に向かう。
ころん
ころん
…よし!
現在の時刻は午前7時30分。
今日も1日頑張ります!
ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー
主
アンケートの結果なんですけど…
「え、やだ」が多かったんですよね。
なので、フォロワー限定にしません。
投票してくれた皆さん、ありがとうございました!
主
ところで、質問コーナーをやりたいと思うんですけど、好きな食べ物とか思い付いた質問をじゃんじゃんコメントでいっちゃってください!じゃないと主、自分が自分に質問するということになっちゃうんですよ←((え、
主
質問してくれたらめっちゃ喜びます。よろしくお願いします!
主
それでは、おつましゅ!