無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

実は私達TikTokしてるんです



なのでみんなから、

にしさとカップル言われてます
(*^^*)
西畑side



TikTokしてるの別に有名になりたいから
では無い

思い出としてしている




あとあなたが可愛すぎるので投稿してる(心の中)
あ、今日撮ってないな



あなたあれなんしょん笑笑カメラ持ってこ






(撮影してます
あなたは今気づきました笑)
西畑大吾
西畑大吾
あなたー?
あなた

んー?

西畑大吾
西畑大吾
なんしょん?
あなたは、隅っこでスマホを見ている



いじってもないし、

ただ見てるだけ


なんか、画像見てるんかな?
あなた

癒されてんねんあなたは

西畑大吾
西畑大吾
そうなんや笑なん見てるん?
あなた

しゃしーん

西畑大吾
西畑大吾
なんのー?
あなた

秘密やよ

西畑大吾
西畑大吾
なんでー?
あなた

恥ずかしいねんもん

なん見てんやろ


と思いながらカメラをスマホに向けると







俺らが出会って間もない時の写真を見ていた









俺でも恥ずい



この子なんて可愛い生き物なんや
あなた

見たやろ〜

恥ずいけん見られたなかったのになー

そう言いながら萌え袖してるてで顔を隠す






可愛い彼女
西畑大吾
西畑大吾
見てやったぜ!
撮影終了
西畑大吾
西畑大吾
あなたー!( っ¯ ³¯ )っ~♡
あなた

なにー

暑いー

西畑大吾
西畑大吾
好きやで〜
あなた

なんよ笑

俺あなたの事好きやわ〜←




この子これからも大事にしていかんとな







NEXT