無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

じゅうよん
in海𓇼𓆡𓆉 ⋆
夕方頃……
あなた

なんか、寒なったやんね、

西畑大吾
西畑大吾
寒い?
あなた

うん、

あなたside



私らはあの時間からずっと海沿いを歩いている
てか、めちゃ寒!
こんなこと考えてると、背中から暖かくなった












え、え、




















だいごくんパーカー私の背中に掛けてくれた?!
西畑大吾
西畑大吾
これやったら暖かない?
あなた

え、?

西畑大吾
西畑大吾
これ、着たら寒ないやろ?
西畑大吾
西畑大吾
着てみ?
あなた

ありがとう(●︎´▽︎`●︎)

(上から着てます)
(顔を出す)

だいごくんの匂いやん()
暖かい(●︎´▽︎`●︎)
あなた

寒ないん?

西畑大吾
西畑大吾
うん(。_。`)コク
西畑大吾
西畑大吾
じゃぁさ、
そう言って、だいごくんは、私の背後に行く













え、?バックハグ状態、?!
西畑大吾
西畑大吾
これやったら暖かない?
あなた

うん(///_///)

西畑大吾
西畑大吾
照れてる可愛い〜
あなた

照れてないよ

西畑大吾
西畑大吾
笑笑写真撮ってええ?
あなた

ええよー

西畑大吾
西畑大吾
ハイチーズ
そう言って、バックハグ状態で写真を撮った
NEXT