無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

42
2021/07/29

第4話

片 想 い が 二 つ 。
あなた  s i d e







な ん と か 朝 の H R ま で に 席 に 着 き 、窓 の 向 こ う を 眺 め る 。



私 の 席 は 一 番 後 ろ 。



窓 か ら 一 列 離 れ た 席 だ け ど 、 窓 側 は 空 席 の た め 、 良 く 外 が 見 え る 。



先生
_さ___さ ん__




先 生 の 声 が 遠 く か ら 聞 こ え る 。





先生
_さ ん...あなた さ_あなた さ ん ッ !




す る と 今 度 は 、 そ の 声 が 私 の 名 前 を 呼 ん だ 。



あなた
ひ 、 ひ ゃ い ! ?



し ま っ た 。

変 な 声 、 出 ち ゃ っ た . . .



周 り か ら 、 声 に は な ら な い ぐ ら い の 笑 い が 巻 き 起 こ る 。


先生
手 を 挙 げ て く だ さ い . . っ て 言 わ な く て も 分 か り ま す よ ね 。
ジ ェ ル さ ん 。 あ そ こ ま で 行 っ て く だ さ い 。



ジ ェ ル さ ん ? そ ん な 人 、 こ の ク ラ ス に い た っ け . . .






な ん て 考 え て い る と 、 何 や ら 顔 の 整 っ た 人 が こ っ ち に 向 か っ て 来 る 。



あ 、 転 校 生 か 。



で 、 空 い て い た 隣 の 席 へ 座 ら せ よ う と 。 な る ほ ど 。






.
緑雨 ジェルりょくう じぇる
あ の 、 . . . あなた 、 さ ん ?
あなた
あ 、 は い 、 浅 緋 あなた っ て 言 い ま す !
そ の 、 え っ と . . . . . .
緑雨 ジェルりょくう じぇる
あ 、 緑 雨 ジ ェ ル っ て 言 い ま す w


ジ ェ ル さ ん が 、 黒 板 を 指 さ し て 言 う 。



そ こ に は 、 達 筆 な 字 で 「 緑 雨 ジ ェ ル 」 と 書 い て あ っ た 。

緑雨 ジェルりょくう じぇる
聞 い て な か っ た ん や ろ w ?
あなた
う 、 う ん . . . w
緑雨 ジェルりょくう じぇる
w w w 浅 緋 さ ん や な ! 隣 の 席 座 ら せ て も ら う で !
あなた
あ 、 、 、 浅 緋 さ ん と か 堅 苦 し い し 、 良 か っ た ら あなた っ て 呼 ん で ?


余 計 な 世 話 か と 思 い な が も 、 一 応 、 微 妙 な 距 離 感 が 開 か な い よ う に そ う 伝 え る 。




緑雨 ジェルりょくう じぇる
そ う や な 、あ り が と !
じ ゃ あ 俺 の 事 も ジ ェ ル っ て 呼 ん で や !




ず ず っ 、 と 顔 を 近 づ け て 了 承 す る ジ ェ ル さ ん 。



本 当 に 綺 麗 な 顔 だ な . . .


あなた
わ か っ た 、 ジ ェ ル く ん ! !
緑雨 ジェルりょくう じぇる
う ~ ん 、 ジ ェ ル っ て 呼 ん で っ て 言 っ た ん や け ど な . . . w
あなた
い や 、 流 石 に 初 対 面 で 呼 び 捨 て は で き な い よ . . . ?
緑雨 ジェルりょくう じぇる
そ う か ? じ ゃ あ 、 俺 も あなた ち ゃ ん っ て 呼 ん だ 方 が . . . . . .
あなた
い や い や い や 、 ジ ェ ル く ん は 良 い か ら ね ! ?




ふ ふ っ 、




ち ょ っ と 抜 け て る 所 も 、 可 愛 い な ぁ ~ . . . w