無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

樹×ラウール 性教育
ラウールside



「んー、暇だなぁ。」
そう言いながら一人楽屋でぼーっとしていれば



コンコンッ ガチャッ


樹 「お、ラウールいた!」

「あ、樹くん、どうかしました?」
樹 「ちょっと来て。」


そう言って手を掴まれれば人気の少ない場所に連れてかれた
「で、、要件は?」
樹 「ラウールってヤった事ある?」

という質問だった
「え、えーとヤった事ないですけど興味はあります…ね」

樹 「ふふ、なら俺が」

「?」
樹 「教育してあげるね?」
「え、……ンンッチュッ…ハァ…ハァ///」

突然キスをされてしまった

壁ドンされてて抜け出すことも出来ない
「樹くんッ…やめて…チュッ///」

樹 「ラウールすごくエロいね〜、下の口はどうなってるかな?」
そう言ってズボン越しにモノを触られる

「ンンッ!嫌ら…///恥ずかしいよ…グスッ」
樹 「反応可愛いね〜、舐めるよ?」

そう言い僕のズボンを脱がし舐められてしまった、とっても気持ちよかった

気持ちよすぎておかしくなりそうだった
樹 「ラウール、きもひいい?」

「ヒャッ…喋らないで…!で、でちゃ…///(果てる」
樹 「ん、、(顔にかかる」
「え、あ、ごめんなさいッ!」
樹 「大丈夫大丈夫。入れるね(拭きながら」
「こ、怖い…グスッ」


樹 「ん、キスしよっか チュッ(キスしながら入れる」

「ンンッ…アッらめ…! 動かさないでッ!」
樹 「動かすよ笑 (激しく動かす」


「イ、イっちゃうッ!(果てる」
樹 「俺もッ!(中に出す」

「はぁはぁ…つ、疲れた…」
樹 「ちゃんと分かった?ヤり方。」
「はい…」



それから樹さんを見ると勝手に一人で恥ずかしがるようになりました


END








作者から

リクエストありがとうございます!