無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

慎太郎 総受け

ジェシーside

俺達は今かなりイライラしてる

それは…

慎太郎 「ねぇねぇ、これどう?笑(変顔する」

渡辺 「がはは!!!笑 なんだよそれ笑」

慎太郎が俺ら以外の人と楽しそうに話してるから。
所謂嫉妬ってやつかな。

樹 「慎太郎、そろそろ帰るぞ〜。」

髙地 「早くー」

渡辺 「慎太郎呼ばれてるよ」

慎太郎 「はーい、翔太バイバイ!」

渡辺 「またその変顔見せてね笑」

慎太郎 「笑、了解!」

俺らはシェアハウスに帰った

慎太郎 「はぁ、、翔太めっちゃ面白かったぁ笑」

北斗 「あのさぁ」

慎太郎 「ん?」

大我 「今は俺らと一緒にいるんだから俺ら以外の名前。出さないでくれる?」

慎太郎 「えぇ、翔太面白かったんだもん笑」

樹 「あ、今言った笑」

髙地 「笑」

北斗 「ヤバっ…我慢できねぇし俺ら嫉妬しまくったからお仕置な」

慎太郎 「え?俺なんかされるの?」

大我 「大丈夫だよ^^」

樹 「てか、さっきからジェシー黙ったまんまだなー、珍しい」

「めっちゃ俺怒ってるからね。」

髙地 「なんかジェシー怖い笑」

慎太郎 「……で、俺何されるの??」

「んー、じゃあ慎太郎の部屋行こっか」

部屋に向かえば慎太郎をベッドに押し倒す

ドサッ

慎太郎 「え……」

北斗 「あ、察してくれた?」

慎太郎 「は、離せよ!!(抵抗する」

樹 「うわ、慎太郎めっちゃ暴れるじゃん」

「これはコーチに縛ってもらうしかないね笑」

髙地 「はいはい、笑」

樹 「既に縄持ってる…笑 すげぇな」

そう言ってコーチは抵抗する慎太郎の手を縄で縛り動かせないようにした

慎太郎 「ほ、本当にやめろって…!」

北斗 「目隠しさせとく?」

大我 「んー、どうするの?」

「目隠しさせとけば?」

樹 「そうだね。慎太郎、目隠しするよ」

慎太郎 「や、やめろっ!!(目隠しを拒む」

大我 「慎太郎さっきからうるさいよ。」

慎太郎 「…どうしてこんなことするの……グスッ」

北斗 「俺らは慎太郎のことが大好きだから。目隠ししても口がうるさかったら意味ねーからキスできないけどガムテープ貼っとくか」

慎太郎 「んんんっ!」

「なんかすげぇ可愛い笑」

樹 「さてと、目隠しするからな。次抵抗したら…分かるよな?」

慎太郎 「……グスッ…」

慎太郎は涙を流せば諦めたのか何の抵抗もせずに目隠しされて行った

樹 「最初誰行く?笑」

髙地 「んー、悩むね笑」

大我 「誰も行かないなら俺行ってもいい?」

北斗 「いいよ」

「どーぞ〜」

そうすると、いきなり大我は慎太郎の中に挿れてきた。これには慎太郎も驚いたみたいで

慎太郎 「ビクッ……ンンンッ!!//」

大我 「もしかして感じてる?笑 てか、ガムテープ外してもいい? 慎太郎の可愛い声聞きたい」

北斗 「俺がガムテープつけた意味…まぁ俺も聞きたいから全然いいよ」

「…どんまい笑」

ベリッ

ガムテープを外されれば

慎太郎 「んあっ…/// や、やめてッ!」

大我 「こんなに感じてるのに、口は正直じゃないんだね…(パンパンッ」

慎太郎 「む、無理だよぉ…/// あんっ//」

大我 「俺そろそろヤバいかもッ…慎太郎は?」

慎太郎 「お、俺も…イっちゃう…///」

大我 「なら一緒にイこうね?…(パンパンッ」

慎太郎 「あんっ/// イくッ!(果てる」

大我 「ん…っ…(ドピュドピュ」

慎太郎 「も、もう…疲れた…や、やめて…///」

北斗 「とか言いながらすげぇ俺らの欲しそうな顔してんじゃん笑 可愛い」

大我 「俺ももう疲れた笑…次はどうするの?」

北斗 「俺は挿れてやりたいけど、1つやってみたいことある。いい?」

髙地 「ん?何?」

「どんな事するの〜?」

北斗 「これ。」

樹 「いつからそんなの持ってたんだよ笑」

北斗 「まぁ、そんなのどうでもいいからさ、これで慎太郎のこといじめてやりたいなぁって笑」

「北斗Sじゃん!AHAHAHA!!」

髙地 「北斗ドSだねぇ…笑」

樹 「まぁこれお仕置だしいいべ。やろ」

すると北斗は慎太郎の中に玩具を入れてきた

慎太郎 「ひゃっ…/// な、なにこれ…///」

「慎太郎は一旦玩具で気持ちよくしてもらいな?」

慎太郎 「んッ/// ら、らめぇ…///」

樹 「こんな慎太郎見てたら俺のヤバいんだけど笑」

「皆そうだから大丈夫〜!!」

髙地 「いや大丈夫じゃない笑」

慎太郎 「ひゃ…/// あんっ…(イく」

大我 「お、イったんじゃない?」

「そうみたい」

慎太郎 「イ、イったばっかりッ!…ひゃっ///あんっ/// はぁんッ…//」

イったあとも動き続ける玩具に慎太郎も快感に溺れていく。

慎太郎 「た、助けて…// あっ///」

樹 「助けるわけねぇだろ?」

慎太郎 「も、もうらめッ……///(果てる」

北斗 「このまま意識なくなっちゃうんじゃね?」

「そうなったら慎太郎とヤれないじゃん!」

樹 「ならこの辺にしといてやるか」

慎太郎の中から玩具が勢いよく抜かれた

慎太郎 「はぁ……はぁ……」

北斗 「我慢できねーし俺挿れるわ。」

慎太郎 「ま、待って…/// きゅうけッ…い//させてよ…あんっ///」

北斗 「お前の鳴く声本当に可愛いんだな…(腰を激しく振る」

慎太郎 「も、もう…らめぇ///(ドピュドピュ」

北斗 「くっ……(中出し」

慎太郎 「休憩させて……連続は無理だよ…」

樹 「……(無言で挿れる」

慎太郎 「……ビクッ…や、やめ…嫌///」

樹 「もっと感じてみろよ…(パンパンッ」

慎太郎 「嫌、!///」

樹 「このままだと潮吹きも行けんじゃね?笑」

樹は腰を振りながらそう言ってきた。

確かに…潮吹きってどんな感じなんだろう

そう興味を持っている俺もいた

慎太郎 「あぁんっ///(激しく出す」

樹 「ほらッ、潮吹いた……///(中出し」

髙地 「ヤバすぎ笑 次俺いい?樹」

樹 「ん、いいよ」

「んじゃ俺が最後ね。」

北斗 「お前が1番慎太郎のこと好きだからな笑」

大我 「ジェシー絶対激しいやつ笑」

髙地 「んじゃ慎太郎挿れるよ。」

慎太郎 「ほ、本当に…いやらぁ…///」

髙地 「呂律回ってないの本当に好き…///(パンパンッ」

慎太郎 「イ、イくよぉ……///」

髙地 「イ、イってねッ…」

そうしてコーチと慎太郎は同時に果てた

樹 「次ラストだから頑張れ。慎太郎」

慎太郎 「ラストって…ジェシー……でしょ…?」

北斗 「うん」

慎太郎 「む、むりだよ…意識なくなっちゃう…」

「大丈夫。」

俺は低い声でそう言い慎太郎の中に自身の大きくて熱くなったモノを入れれば腰を激しく振る

慎太郎 「あんっ///んんっ/// き、気持ちいい//」

「慎太郎ここが弱いんだァ…///(慎太郎の弱点を攻める」

慎太郎 「いや…/// そこだめッ……///(果てる」

「ふふ、すぐイった…(パンパンッ」

慎太郎 「イったばっかり…///動かさないでぇ// ひゃっ//」

「俺イきそッ…一緒にイこうね…?」

慎太郎 「んあっあんっ/// (ドピュドピュ」

「んんッ…(中に出す」

慎太郎 「はぁはぁ……も、もう終わり…だよね?」

大我 「何言ってるの?」

北斗 「まだまだヤるから、明日慎太郎の腰終わるかもな笑」


慎太郎は朝まで俺らに愛され続けた


俺らに嫉妬させたらこうなるから……


END







作者から

リクエストありがとうございます!
慎太郎の総受けリクエストありましたよね…?←知るか