無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

あべこじ 拘束プレイ
阿部side

俺と康二は付き合っている。
康二は面白くて可愛くてで最高の恋人



そんな康二が

向井 「阿部ちゃん!阿部ちゃん!」
「おぉ、、康二どうしたの?」

向井 「俺さっきスマホ見とったら拘束プレイってのがあってな。少し気になんねん、俺ら普通にヤった事はあっても拘束プレイはないやろ?」
「え、まさか…」

向井 「そのまさかや!今から拘束プレイせーへん?あ、拒否権はないで!」

「えぇ…でも拘束プレイって縛るようなやつでしょ?多分。そんな物この家にあるの?」

向井 「まぁ、とにかく寝室行こうや!」
「は、はぁ…」

俺は強引に拘束プレイされる事となった

ベッドに腰をかけていると突然
「わっ!暗い暗い!」
向井 「そりゃ暗いよ。目隠ししとるもん」

「まぁ……うん。ってえ!?何してるの?怖い!」
向井 「手錠付けとるから動かないでなぁ」


俺は目隠し+手錠を付けられておりまぁ身動きがとれません。

向井 「それじゃ始めるで!」

康二がキスをしてきた
「チュッ…ンンッ…はぁはぁ…苦ッし…///」

康二が舌を入れてきて息をするのが難しい

向井 「阿部ちゃん反応可愛いなぁ〜、一旦手錠外そか!服脱がしてから手錠つけるべきやった…」
「……笑」

俺は苦笑いすれば手錠を外され何かから開放された気分だった

その代わり服を脱がされとても恥ずかしい、見えないからね


「目隠ししてるからいつもより超恥ずかしいよ…」
向井 「大丈夫!きっと楽しいから!」
「そういうことじゃない…笑」

またキスをされる
向井 「チュッ」

「ンンッ…チュッチュッ…///」

康二のキスに夢中になっていれば俺の胸の突起物を刺激される
向井 「どう?阿部ちゃん」

「アッ…な、なんか…目隠ししてると変な感じッ…///」
向井 「目隠ししとると感度良くなるんかな」

胸ばっかり刺激されていると下の方が寂しくなって…足をスリスリする。それを見た康二が

向井 「阿部ちゃんどうしたん?」
「し、下の方も触ってッ…?///」

向井 「阿部ちゃん可愛すぎるっ」
そう言うと急に変な感覚が

「ンッ!?な、何してるの?/// ンアッ//」
向井 「阿部ちゃんきもひいい?」

喋り方的に俺のモノを咥えているっぽい

「気持ちよすぎておかしくなっちゃうッ、康二俺の咥えながら喋らない…でッ!(果てる」

向井 「あー、顔にかかった」
「え、まじか!ごめん…」

向井 「気にしなくてええで笑」

康二が優しくてよかった… そんなことを考えていると
向井 「阿部ちゃん、入れるで?」
「う、うん…///」

入ってきた康二の熱いモノ
向井 「阿部ちゃんの中トロトロしとるなぁ(パンパンッグチュグチュッ」

「アッ/// イっちゃうッ!嫌ッ///」
向井 「阿部ちゃんこの勢いやと潮吹きするとちゃう?」

俺にはそんなの頭に入ってこなかった。
「イ、イくッ!(凄い勢いで欲が溢れ出る」

向井 「ほんまに潮吹きしたやん…凄いなぁ」
そう言いながら康二は腰を振り続けていたみたいで
「イ、イったばっかりッ!!アンッ///」
向井 「そろそろイくッ…(中出し」

「はぁはぁ…(果てる」
向井 「目隠し+手錠どうやった?」
「なんか、、いつもより…気持ちよかったッ」

向井 「そっか、今外すね」

そう言って外された
「康二、気持ちよかったよ。^^*」
向井 「…その笑顔は反則やっ…///」





またしてみたいとか思ってた阿部ちゃんでした


END








作者から

リクエストありがとうございます!

あべこじ 良きですね!(・∀・)b