無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

ふかこじ 狂愛
注意 死ネタあり


深澤side


俺は康二に

康二 「もう俺ふっかさんとはやっていけへんわ…」

そう言われてしまった。


はっきり言って意味が分からないよ。


俺はこんなにも康二を愛してるのに。

康二に似合う人になる為に必死に努力したのに…


「は……?なんでだよ!!」


康二 「なんでって…ふっかさんは束縛が激しすぎるんや…! 俺はもっと自由に生きたいのに…この前だって俺の事監禁しようとしたやろ?そんなのおかしいに決まっとるやん!」


「こんな康二俺の好きな康二じゃない…!」


康二 「俺はもうふっかさんのこと好きとちゃう。
分かったなら俺はもう行くからな」


俺は我を忘れ、キッチンにあった包丁で
康二の背中を刺してしまった。


グサッ


康二 「……!?…ふ、ふっかさ…ん…?」

「…あっ……(包丁を落とす」


康二 「な、なんで……グスッ…」

「こ、康二…」


康二 「………」

…うそだ…



俺は康二を殺してしまったんだ。

「康二…あ、、、」

俺は我に返り、今自分のしてしまったことに
酷い後悔をしてしまった。

「康二…本当にごめんなさい…お、俺もそっち行くから……グスッ…(包丁を持つ」




俺は最後に康二に向かって

ありがとう


そう呟き自身の腹を包丁で刺した。



END







作者から


リクエストありがとうございます!!

こんな感じでしょうかねぇ