無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

いわふか 暴力
深澤side

俺の彼氏の照は直球に言うとDV彼氏だ



暴力をされない日がない。今日もされるのだろう。俺らは同居している

「はぁ、、もうこんな時間か…」

俺は朝ごはんを作り、照を起こしに行く






照の機嫌を損ねないようにしなきゃな…

「ひ、照〜、朝だよ」

岩本 「はぁ……うるせぇな…」

イライラしているのが伝わった。
「ごめん…ね。」

俺は先にご飯を食べることにした。

「……(モグモグ」
岩本 「はぁ、、」

「照おはよー」
岩本 「ん。」


喋り方で分かる。今はすごいイラついてる
やらかさないようにしないと…


2人ともご飯を食べ終われば食器を片付ける

「…(ガシャッ」

大きな音を立ててしまった。

岩本 「うるせぇなぁ、静かにしろよ!!」
照の怒鳴り声が聞こえる。

「ご、ごめん…」



そんなこんなでのんびりして照は自分の部屋で仕事をしている

「はぁ、、疲れたなぁ」

俺は昼寝する事にした。




3時間後

岩本 「おい、とっとと起きろ」
「え、あ、ごめん。どうしたの?」

岩本 「俺今すっげぇイライラしてるからちょっとサンドバッグになれよ。」

そう言って腕を引っ張られれば照の部屋に連れてかれる
「やめっ……!」
岩本 「うるせぇな。(ガムテープで口を塞ぐ」
「んんっ」

岩本 「んじゃ始めるからでけぇ声出すんじゃねーぞ」

そう言われ30分間ずっと照に殴られたり蹴られたりされた

身も心もボロボロだ。


皆は照とは別れればいいじゃん。とか思うかも知んないけどあいつから逃げようとすればもっと痛いことされる…

「グスッ……」

岩本 「もう用済んだから出てけ。」
「分かった…」

そう言って照の部屋から追い出された




こんな事がこれから先もずっと続くのだろう



END







作者から

かなり暴力的になってしまった…

リクエストありがとうございます!!