無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第109話

北斗 総受け
北斗side

「も、もうやめっ……///」

樹 「やめるわけねーじゃん笑」

俺は今、撮影の終わりに樹に人気のない場所へ呼び出されSixTONESのメンバーとヤっている


どうしてこうなったかというと、メンバー全員が俺に好意があったらしくこの状況

意識がなくなりそう…それくらい気持ちいい…


ジェシー 「北斗〜?北斗ー!」

北斗 「へっ…?」

ジェシー 「何ぼーっとしてんの?まだ誰も挿れてないんだからもう少し頑張って!」

北斗 「も、もう無理だって…」

髙地 「縄で縛られて玩具で気持ちよがってるんだもんね。北斗めっちゃ変態…」

北斗 「ち、ちがっ…」

慎太郎 「違くないでしょ笑…誰から挿れる?」

樹 「俺からでもいい?…ってさっきからきょも黙りすぎじゃない?笑」

京本 「あ、北斗に見惚れてたかも笑」

慎太郎 「かもって何 笑」

樹 「まぁ俺から行くね〜」

他のメンバーが何か話してるようだったけど
俺は疲れ切ってきてそんなの聞く余裕なんてなかった。


樹がこっちに来たのが分かった

樹 「やっほー、北斗」

「はぁはぁ…何?」

樹 「まずは俺からだから耐えてね?」

次の瞬間俺の中に樹のが勢いよく入ってきた


「い、いやっ……!///」

樹 「その声超最高…(動かしながら」

「無理……イくっ……あんっ…///」

樹 「俺もっ…」

俺と樹は同時に果てた

ジェシー 「やばっ…北斗すんげぇエロい…」

髙地 「そうだね」

樹 「はぁはぁ、まじで気持ちいい…次は?」

慎太郎 「じゃあ俺ー!」

京本 「慎太郎ね、了解」

俺は挿れていいよなんて言ってないのに慎太郎の大きなモノが俺の中に入り込んできた。

「いやっ……!!…イったばっかりだって…///」

慎太郎 「北斗すげー締め付けてくる…」

「言わないでっ…///」


慎太郎 「そろそろやばいかも…」

「俺も…一緒に…イこ??」

慎太郎 「それはずるい…」

俺らは同時に果てた。もう俺の頭の中に抵抗
というものはなかった


慎太郎 「樹の言った通り北斗まじやばいよ」

ジェシー 「まじで!?」

慎太郎 「うん」

ジェシー 「じゃあ次俺ー!」

「次は……?はぁはぁ…」

ジェシー 「俺だよー!!」

「OK…」

そう言ったは良いもののジェシーが挿れようとした時にきた痛み

「うっ……痛い…」

ジェシー 「えぇ!?…入んないのかな」

ジェシーのは慎太郎や樹よりも大きいもんだから痛みが俺を襲う


ジェシー 「じゃあキスしながら挿れてみよ?」

そう言われジェシーとキスをする。

キスに集中すると案外痛みはなくすんなり入った

ジェシー 「よし!じゃ動かすよ〜」

「ま、まって…!激しいっ…//」

ジェシー 「HAHA!…気持ちいいね?」

ジェシーは激しく気持ちいい部分ばかり攻めてくる

ジェシー 「北斗っ…大好き…」

俺が最後に聞こえた言葉はこの言葉だった













ジェシー 「あ、起きた?」

「うぅ…腰痛っ…」

ジェシー 「ごめん、激しくしすぎたよね」

「あ、大丈夫だけど慎太郎と樹は…?それにここって俺の家じゃん…」

髙地 「あの二人は帰ったよ。北斗の家連れていこうってなって鍵探すのは大変だった笑」

「そうなんだ…」

ジェシー 「じゃ、2人とも続きどうぞ」

「えっ?」

京本 「俺ら皆がヤるところだけ見て終わるとか嫌だからね?」

俺は服を脱がされ、京本のが無理矢理入ってきた

「ち、ちょっと待てよ…!!うっ…」

痛くて抵抗しようとしても力が入らない


そして奥まで入ってしまった

京本 「よし、、入った…」

髙地 「大我なるべく早く終わらせてよ?俺もそろそろやばいんだから」

京本 「分かってる分かってる!」

京本はゆっくり腰を動かしてきた。
その度に声が漏れてしまう

「んっ……あっ…///」

京本 「北斗可愛い…(パンパンッ」

「やだっ…気持ちいい…///」

京本 「気持ちいいのが好きなんでしょ?」

「も、もうだめ…」

京本 「俺も…!」

俺らは同時に果てた。お腹ら辺が温かくなっていて中出しをしたのだろう。

京本 「ごめん、、中出ししちゃった…」

「んーん、平気…」


髙地 「北斗、俺最後だからもう少し頑張って」

ジェシー 「北斗頑張れ〜」

そう言いながら髙地は挿れてきた

「はぁはぁ…」

髙地 「動かすよっ…」

早くも髙地は余裕のなさそうな声で言ってきた

「気持ちいいよっ…髙地ぃ……」

髙地 「そんな可愛い声で呼ばないでっ…」

「一緒にイこうね…」

髙地 「もうだめだ…(果てる」

「んっ……」

俺らは果てて行為の幕を閉じた



その次の日俺は腰が痛くなりあのことを思い出す度頬を赤くしてしまう始末になりましたとさ


END






作者から

リクエストありがとうございます!

総受けはいいですね(?