無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

なべさく コスプレ
翔太side

樹 「翔太君さ、これ着てみてよ。笑」
「はぁ?何だこれ。」

樹 「女子制服。」
「なんで樹がこれ持ってんだし笑 これ着てどうすんの?」
樹 「佐久間君と付き合ってんでしょ?それ着てみたら佐久間君興奮すると思って笑」

「お前さぁww 恥ずかしいわ!」
樹 「まぁ好きな人が喜ぶと思えば簡単でしょ?」

「んー、しょうがないなぁ。」

そう言って女子制服を着てみる。
「うわっ!恥ずかしっ!」
樹 「翔太君〜!どう?」

「ん」
樹 「おぉ!似合ってんじゃん笑
あ、あとウィッグも被っといて!」
「なんでだし!もうスカート短いし…早く脱ぎたい」

渋々ウィッグを被ってみる。

樹 「お、いいね!よし!!佐久間君のところ行こう!俺が車で佐久間君の家まで一緒に行くから」
「お、ありがとう」
樹 「٩(.^∀^.)งLet's go」

車内にて
樹 「そういえばさぁ、佐久間君とそういうことした事あるの?」
「めっちゃ急だな。ま、まぁシたことはある」

樹 「そうなんだ〜、なら今日シちゃうかもね〜、翔太君今すっげぇ可愛いもん」
「それ褒めてる?笑 ま、まぁありがと」

2人で雑談をしていれば佐久間の家に着く

樹 「よし!着いたよぉ〜インターホン押そ」

ピーンポーン

佐久間 「はーい!」
樹 「あ、佐久間君?俺だよ〜」
佐久間 「今開ける〜!!」

樹 「佐久間君本当に元気だね〜…w」
「だな。」
ガチャッ

佐久間 「おぉ!樹……と隣は?樹の彼女?」

樹 「違うよ!笑」
佐久間 「んじゃ、、誰?」


「俺だよ。翔太。」
佐久間 「ぇえぇえええぇえ!?」
樹 「佐久間君驚きすぎ笑 んじゃ俺はこの辺で〜」

「うん分かった」
佐久間 「バイバイ〜!」
樹 「バイバイー!」

そう言って樹は帰ってしまった。
佐久間 「え、マジで翔太?」
「声でわかるだろww」
佐久間 「まぁたしかに笑 お家上がって」

「お邪魔しまーす」
佐久間 「なんか翔太まじ可愛い笑」
「それ樹にも言われたんだけど」

佐久間 「ねぇ、ヤってもいい?」
「えぇ……ま、まぁ」
佐久間 「いいんだね?! ありがとう」

そう言って佐久間はキスしてきた
佐久間 「チュッ…」
「ンンッ……」
佐久間 「まじで女の子とヤってるみたい笑」
「はぁはぁ……」

そう言いながら服を脱がしてくる。

「うッ……/// やめっ…!」

俺の胸を舐める佐久間

気持ちよくなってきてどんどん佐久間のが欲しくなってくる。

「佐久間……俺の中に…入れて?」
佐久間 「分かった!」

そう言って佐久間のが入ってくる。
佐久間 「動かすよ?」
「まって…本当にやばッ!動かさないで……イっちゃう///」
佐久間 「もうイっちゃいなよ(激しく突く」
「あっ……///(ドピュドピュ」

佐久間 「突いただけでイっちゃったじゃん笑」
「恥ずかしいから…言わないで…//」
佐久間 「俺もイきそうっ…!(翔太のお腹に出す」

「はぁはぁ……」

佐久間 「めっちゃソファー汚れたね笑
翔太も汚れちゃった」

そう言ってティッシュでお腹を拭いてくれる佐久間

「もう疲れたぁ……」
佐久間 「次も女装してきて!」

「ぇえぇえええぇえ!?」



コスプレした翔太にハマった佐久間でした


END







作者から

Snow Manばっかり書いてる…だと!?