無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

あべゆご 嫉妬
髙地side

俺は阿部ちゃんと付き合ってるんだけど…

阿部ちゃんって俺が嫉妬しないと思ってるのか知らないけど他の男にボディタッチしまくりなんだよね…

今日だってそうだよ… SixTONESの楽屋に阿部ちゃんが来てさ

阿部 「あ、樹〜!!(ハグする」

樹 「わっ!あべべどうしたの?」

阿部 「なんか樹みたらハグしたくなっちゃって笑」

樹 「えー?でも他のメンバーガン見してるし恥ずかしいからやめよ?笑」

北斗 「別にガン見してないよ」

ジェシー 「AHAHAHA!! 俺も見てないよ〜」

大我 「俺も見てないから安心して!」

慎太郎 「見たところでねぇ…笑」

「だよね〜」

樹 「とか言いながらお前ら全員こっち見てるじゃねぇかよ!笑」
ジェシー 「DAHAHAHA!!!!!」

慎太郎 「笑笑」

北斗 「だってさ、ねぇ?」

大我 「こんなところでハグする2人が悪いよ」

阿部 「笑笑、ごめんね〜」

「……」

本当に阿部ちゃんは俺と付き合ってるっていう自覚あんのかなぁ…不安


阿部 「じゃあ、俺そろそろ行くね!」

樹 「うん!あべべバイバイ〜」

末ズ 「じゃあね〜!!」



こうして俺らは仕事を終え、俺は阿部ちゃんと一緒に住んでる家に帰った


あー、もう嫉妬しまくりで疲れた……


ガチャッ

「ただいま〜」

阿部 「あ、髙地おかえり〜!」

「うん」

阿部 「あれ、、なんか冷たくない?」

「…だって」

阿部 「ん?」

俺はそう言ったと同時に阿部ちゃんをソファーに押し倒した

阿部 「んえっ?」

「今日の樹にハグしたやつ。あれ本当にいい気分しなかったんだけど」

阿部 「待って!…それはごめん……」

「?」

阿部 「髙地さ、中々嫉妬してくれなかったから樹に頼んでハグしたら嫉妬するかどうか確かめたくて…」

「え?」

阿部 「結構前からこの作戦してたんだけど…気づいてなかった…?」

「ぇえぇ!? …それはごめん…」

阿部 「いや、、俺の方こそごめんね」

「だけど…」

阿部 「ん?」

「俺、嫉妬してるから…覚悟してね。」



俺は阿部ちゃんと行為した



密かに樹の演技とか上手いな〜とか思ってた髙地でした

END







作者から

リクエストありがとうございます!
R18じゃなくてごめんなさい!