無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

いわラウ ドライブ
岩本side

俺はドライブをしたい気分だった。
だけど、一人で行くのも心細くて…

試しにラウールを誘ってみる
「ラウール〜」
ラウール 「岩本君どうしました?」
「俺さドライブに行きたいんだよね、一人で行くのも心細いからラウール一緒に行かない?」

ラウール 「いいんですか?! 行きましょ〜」

ラウールもノリノリでドライブに着いてきてくれた
俺の車にラウールを乗せれば まず
「運転が荒い〜とかあったらいつでも言ってね」
ラウール 「心地よくて〜…かっこいい」
「笑笑、なんだそれ」

ちょっと独特な返事をするラウールが可愛くて笑ってしまう

「お、あそこ綺麗だな…ラウール右側見てみ?」
ラウール 「おぉ!めっちゃ綺麗ですね!」
右側を見れば綺麗な海が見える。

俺らはその海へと向かった
「おぉ、写真撮っとこうかな。」

そう言いながら俺はスマホで写真を撮る

10分くらい綺麗な海を見れば
ラウール 「そろそろ別の所行きます?」
「そうだな」

俺らはまた車に乗り、別の場所へ向かう。

色んな場所を見ていけばラウールが

ラウール 「岩本君…ごめんなさい。眠くなってきちゃった」
「車に乗るとよく眠くなっちゃうよな、家帰って寝るか!」

そう言って家へ向かえば俺らはぐっすり眠りましたとさ


END







作者から

たまには平和なやつもいいですよね〜

いい加減SixTONESも書かないとな←
卒業旅行の時のセリフ使ってみました