無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

北斗 総受け
樹side

大我 「今日の北斗超可愛くなかった?」

ジェシー 「大我がそれ言うなんて珍しい!AHAHAHA!」

髙地 「まぁ可愛いのは本当だし…ね?」

慎太郎 「北斗って好きな人いるのかなぁ」

「んー、どうなんだろうな。俺ら皆北斗のこと好きだけど…」

そう、俺らは北斗のことが恋愛感情として好きなんだ。いつかヤってみたいなんて思ったりする日もある

今日は北斗の家でお泊まりをすることになった。俺らは考えた。皆で北斗のこと……って


誰よりも早く北斗の可愛い姿が見たい。そんなことを考えているうちに

「あ、俺ちょっと用事思い出したわー、先行ってくる」
慎太郎 「抜け駆けはすんなよ〜」
ジェシー 「慎太郎警戒しすぎ〜!!」

髙地 「いや…樹は分からないからね」
大我 「慎太郎の抜け駆け。本当にしそ笑」

「笑笑、しないよ。んじゃ!」

皆本当に賢いなぁ。てか一緒にいる時間長くてそういうのを分かるように…ってあるのかな


ピーンポーン


北斗 「お!樹じゃん。あれ、他の皆まだ来てないの?」

「うん。なんかまだやることが多いらしくてさ」

北斗 「ふーん、俺まだご飯作ってねぇんだよなぁ…」

「ご飯はいらないよ。」

北斗 「え?樹どっかで飯食べたの?」
「そういう事じゃない。今日の晩御飯は北斗なんだから」

北斗 「ごめん、、意味がわかんねーよ笑」

ドサッ

俺は北斗をソファーに押し倒した

「こういうことだよ、意味。分かった?」
北斗 「え、は!?俺ら男同士じゃん…」

「何、男同士なら行為しちゃダメなの? 俺我慢できないからヤっていいよね?」

そう言って俺は北斗にキスをした。

北斗 「ンンッ…樹…!ちょっ…待って///」
「チュッ………チュッ///」

リップ音が響いていた。

北斗 「他のメンバーに見られたらッ…どう…すんの…///」

「別に見られても良くない?(服を脱がす」
北斗 「俺が嫌なの……って、、ちょっ!」

「おぉ、北斗勃ってるじゃんか笑」

北斗 「い、言うなよ…///」


ガチャッ


あ、鍵閉めるの忘れてた。皆が来た

ジェシー 「北斗おおお!」

北斗 「ちょっ…どうすんの?(ボソッ」

髙地 「あれ?北斗ー?」

そうして皆俺達がいるリビングに来た

慎太郎 「え……?樹?北斗?」
大我 「え??」

北斗 「え、あ、違っ!」
慎太郎 「俺の言った通りだったね!」
ジェシー 「樹抜け駆けしてたぁあ!!DAHAHAHA!」

北斗 「え…?どういうこと……?」
髙地 「あー、説明してあげて。樹」

「俺らさ、ずっと北斗のことが恋愛感情で好きだったんだよね。だから今日ヤりたいなぁって考えてたわけ」
北斗 「………」

ジェシー 「という訳だから!!」

大我 「北斗、俺達とヤろうね?」

そう言って他の皆もソファーに来た。

慎太郎 「樹〜、どの辺までヤったの?」


「今から入れようと思ったところだよ」

大我 「なら樹1番最後で良くない?」

「え?なんで!」

髙地 「そりゃ、抜け駆けしたからでしょ笑」
ジェシー 「樹一番最後ぉー!!」

北斗 「俺男5人とヤりたくないんだけど……まじで」
大我 「俺らはヤりたいから」

慎太郎 「んー、なら俺1番最初いい??」
髙地 「いいよ〜」

俺は退いて、慎太郎が北斗の元へ向かった

慎太郎 「北斗。好きだよ」
北斗 「いや、せめてヤるなら皆見ないでガチで恥ずかしいから」

ジェシー 「いやそうしようとしても見ちゃうよ笑」


慎太郎 「まぁ北斗も勃ってるっぽいから入れるよ」

北斗の中に慎太郎のモノが入っていく

北斗 「ハァンッ…/// やばいって…!///」
慎太郎 「可愛すぎでしょ…(腰を動かす」

北斗 「ンンッ…あんっ…///も、もうダメッ(イく」
慎太郎 「俺もッ!(中に出す」

北斗 「はぁはぁ…」
慎太郎 「これがあと4回来るから頑張って笑 チュッ」

慎太郎と北斗の行為が終わった

髙地 「次俺…いいかな?」
ジェシー 「いいよぉ!」

次は髙地の番かぁ。早くヤりたいなぁ

髙地 「よーし、入れるよ」

北斗 「コクッ…(頷く」
髙地 「やばっ、可愛い…(入れる」

北斗 「んあっ……あんッ…///」

髙地 「この勢いだと…もうイっちゃう?(パンパン」
北斗 「うん…ハァンッ///(果てる」

髙地 「…俺も出すねッ…(北斗のお腹にかかる」

そして、髙地とも終わった

ジェシー 「次俺ぇえ!!!」

大我 「はいはい笑」
北斗 「ちょっと待って…休憩しないと…死ぬ…」

ジェシー 「死なないから大丈夫!!!」

そうするとジェシーは座り始めた。

ジェシー 「俺の上に乗って?」

いわゆる”対面座位” という体位でヤるようだ

北斗 「んん…これやばッ…もうイきそッ///」
ジェシー 「笑、動かすからね?」

北斗 「あっ…/// ンッ…イきそう…!」

ジェシー 「ん?まだ俺イけそうにないよ笑(パンパンッ」
北斗 「もう…らめぇ…///(勢いよく出る」

ジェシー 「おぉ…すげっ…まだ動かすよ(グチュッ」
北斗 「イ、イったばっかりッ…!///」

ジェシー 「これだと北斗の可愛い顔見れていいな〜、そろそろイきそっ//(ドピュ」


北斗 「俺も……(果てる」

ジェシー 「北斗可愛かったよ、ありがとう」

そんで、ジェシーとの行為も終える。


北斗 「ま、まじで休憩…はぁはぁ…」

大我 「休憩させないよ?入れるね」
北斗 「きょ、京本…待てって…!あんッ…///」

大我 「北斗のその声いいね。もっと聞かせて…(パンパンッ」
北斗 「ハァンッ/// も、もう無理…///(ドピュッドピュ」

大我 「俺も…(果てる」

北斗 「大我の激しかった…はぁ……はぁ」
大我 「ふふ、あと一人だからファイト」

「俺のこと忘れてないよな?」

やっと北斗とヤれる…ここまでかなり長かったなぁ
北斗 「はぁ、、早く終わらせたい…」
「んー、とりあえず四つん這いなって?」

北斗 「…」

北斗は恥ずかしそうな顔で四つん這いし始めた

ジェシー 「もしかしてバックでヤるのぉ?」
「そそ、誰もヤってなかったべ。」

慎太郎 「確かに〜」

そうして俺は大きくなったモノを北斗の中に入れ激しく腰を動かした

「ほらッ…!どうだよッ…(パンパンッ」
北斗 「んッ…やめっ……あんっ…/// 激しすぎだよッ//」
「俺もうイくからッ…な?」

北斗 「お、俺も/// ハァンッアッ///」

俺らは同時に果てた。

北斗は俺らの欲でいっぱいになってた。

かなりエロい




その後は風呂貸してもらって仲良く寝た。

北斗。これからも俺らのこと宜しくね

END







作者から

リクエストありがとうございます!

人数多いと分量多くなるものですねぇ
リクエスト溜まってるので更新遅くなるかもです!早めに書きますので暫しお待ちを!