無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

ジェシー×京本 歌声
ジェシーside




今日も君の歌声を聞きに君の部屋に行く。




「今日も聞かせて!」

大我 「ふふ、分かった〜」

そう言えば綺麗な声が部屋中に響き渡る







落ち着く……安心感のある声。

「大我の声は落ち着くし眠くなっちゃう笑」
大我 「そうかな?ありがとう」


少し変わっているかもしれないが大我のその綺麗な声に惹かれて自然と好きになっていた

これ以上の歌声は聞いたことない。




大我の事は好きではあるけど告白して関係悪化なんて嫌だったから、、




この思いはそっと心の中に閉まっておく

「はぁ、、綺麗な声だった〜また明日来るね!」

大我 「はーい」

そう言ってまた明日も明後日も君の声を聞き続けるんだ


END







作者から

なんか晩御飯食べてる途中浮かびました←