無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

めめラウ 彼シャツ
目黒side

俺今だいぶピンチです。なんでかって?

身長的にはラウールの方が1cm高いけど、ラウールは細身

そんなラウールが何故か俺の服を着ているんです。

ダボッとしてて超可愛いって言うのが本音

だけど

理由聞いても
ラウール 「めめの服着たかったんだもん」

としか言ってくれない。俺の理性が持たない…

でも相手は16歳。ここは我慢するのが俺だ…

「ラウール、すげーダボッとしてるね」
ラウール 「そうだね、でもめめの服暖かいからいいの!」

反応も可愛すぎてやばい。
ラウール 「めめ…」

そう言って俺に抱きつくラウール

ラウールマジで何があったんだ……?
「いつものラウールじゃないよ…急に俺の服着たり、、まぁめっちゃ嬉しいけどさ?」

ラウール 「今日は少し甘えたい……」
「そっか、いつも甘えていいんだよ?」
ラウール 「うん、ありがとう^^*」

俺の中でラウール=天使という扱いになっていた

チュッ

「!?」
ラウール 「ふふ」

いきなりキスをしてきたラウール
「え?え?嘘……でしょ!?」

俺は驚きすぎて凄い顔をしてしまった
ラウール 「めめの反応可愛い…」

これは理性を保つのにも疲れるよ…





ラウールが可愛すぎて襲っちゃわないか心配だった目黒君でした

END







作者から

リクエストありがとうございます!

自分で書いて想像したらラウール可愛すぎましたね。はい