無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

田中樹 誕生日
深澤side

今日は超優しい田中樹の誕生日!笑

お祝いしなきゃね!なんて話していればSixTONESの髙地が、
髙地 「今日プレゼント持ってきた?」

ジェシー 「バッチリ〜!!AHAHAHA!」
慎太郎 「樹いつも遅刻するから、準備する余裕もあって助かるぅ」

大我 「なんだよ笑 その言い方笑」
北斗 「俺もバッチリ〜」

「俺らも平気だよ!」
岩本 「そろそろSixTONESの楽屋行くか」

目黒 「そうですね〜」

そうして俺らはSixTONESの楽屋に向かった


阿部 「まだ樹居ないね…笑」

宮舘 「一応余裕もって構えとくか」
康二 「せやな!」

俺らは樹がいつでも来ていいように構えておく

ラウール 「楽しみ〜^^」

ジェシー 「AHAHAHA!」
佐久間 「ジェシーやばっ!笑」

渡辺 「んー、喜んでくれるか心配」
北斗 「あいつなら喜んでくれますよ」
「だといいけどね〜…」


ガチャッ

樹 「はぁ、、はぁ、遅れた!?す、すいません…!」

岩本 「髙地。宜しく」
樹 「……?」

髙地 「樹!!! お誕生日!」

全員 「おめでとう!!!!」

そう言って俺らはクラッカーを鳴らす
樹 「えぇ!?あ、そうだ…今日俺の誕生日だ…マンズ兄さんもありがとうございます!!」

そう言って樹は嬉しそうに笑顔を見せてくる



なんだかこっちまで嬉しくなるなぁ〜

北斗 「これからも宜しくな!」
樹 「うん!」


END








作者から

田中樹くん、お誕生日おめでとう!!!

あ、ちなみに主はスノストの誕生日の日はこういうやつを更新します←