無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

願い事
859
2020/08/23 11:16
川西賢志郎
そうやんなっ
振り向くとそこには賢志郎さんがいた。
彼は目で「話合わせとけ」って言ってきた。
あなた
あっ、、はいっ
店員
ご夫婦でしたか!!大変失礼しました!
川西賢志郎
俺買うとくから、先行っとき
あなた
すっ、すみません…
小声でそう言うと、私はコンビニをでた。
たまたま賢志郎さんもこの辺でお仕事だったのか…

しばらくすると賢志郎さんはコンビニからでてきた。
あなた
すみません、いくらでした?
川西賢志郎
ええよビール代くらい笑
あなた
すみません……
川西賢志郎
………うちで飲まん?
あなた
…え?
川西賢志郎
せっかく会えたんやし!
…あかんかな…?
彼はすごく切なげな目で言った。
あなた
あかんわけ……ないじゃないですか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
賢志郎さんの家に着くと、ガチャっと鍵を開けて「あがって」と優しく言った。
あなた
お邪魔します。。
川西賢志郎
…なんか久しぶりやね、家来るのも。
あなた
そうですね
川西賢志郎
靴を脱いでリビングへ行く。

近くで芸人仲間と軽く飲んでいたらしい。
川西賢志郎
そや、今日流星群見えるらしいで!外で飲む?
あなた
ベランダでですか…いいですね
ガラッとベランダを開けて外に出る。

夜空にはキラキラと星たちが輝いていた。
あなた
綺麗…
川西賢志郎
綺麗…やね
あなた
ほんとに、賢志郎さんと見れてよかったです。
川西賢志郎
星じゃなくて、あなたが綺麗やって話してるんやけど
あなた
え?
川西賢志郎
涙っ
あなた
あっ、すみません…
気づけば私は、いつの間にか泣いてしまっていた。
あなた
賢志郎さん。私、あれからしっかり考えたんです。
ぎゅっと拳を握りしめた。
あなた
私、やっぱり留学ー…
言いかけたとき、ガっと強く抱き寄せられた。
あなた
へ……?
川西賢志郎
…行かんとって。



え……

川西賢志郎
俺、あなたが居らんとかやっぱ無理やわ
あなた
賢志郎…さん…?
川西賢志郎
わがままやと思ってる。でも、はっきり言わなあかん事やと思ったから…言わせて。
あなた
でも……
川西賢志郎
あなた。
あなた
は、はい。
真っ直ぐ瞳を見詰められて顔が熱くなる。
真剣な眼差しを向けられ、彼は口を開いた。







川西賢志郎
ー俺と、結婚してください。