プリ小説
一覧へ

第5話

5
涼介side



あなたは俺と、同期で妹みたいな存在なんだよ。でも俺だって甘えたい時はあるしそんな時に出会ったのが、俺より2個上の△△さん。
△△さんといる方が今は楽しいかなーなんて。






涼介くーん!
今日一緒に出かけない?




いいよ!
今日あなた遅くなるから俺んち来ない?





いいの?いきたーい!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ん、どうぞ上がって?



ありがとう



俺、ちょっとお風呂はいってきてもいい?


うん!いーよ。






上がったよ!





ねぇ、髪乾かさないの?



うん、めんどくさいじゃん。



じゃあ私が乾かしてあげるよ!



ほんと!?やったぁー!




ブーブー




終わったよ!
ん?涼介くん?






あ、ごめん。寝ちゃってた。




んーん大丈夫だよ?
膝使う?



うんありがと、




スースー







ガチャ



涼介ー?ただいまぁー。
あれ?
誰がいるの?


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

🍓🍓
🍓🍓
Hey! Say! JUMP 好きです