無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

日常編🏃‍♂️🏠③
モブ(1)
いいじゃねぇかよ、少しぐらい。大人しくしてれば悪いようにはしないからよぉ。
女の子
っ!!やっ辞めてください。

何やらもめてる…いや違う。

刀を持ってる…ということは攘夷志士?!

私より少し年上ぐらいの女の子が攘夷志士に襲われそうになっていた。

どうするって?もちろん捕まえるに決まってんじゃん。

一応警察だったからね。
あなた

ちょっと、貴方たち何してるの?

モブ( 2 )
あぁ?なんだお前?
あなた

その子を離しなさいよ。嫌がってるじゃない。

モブ(1)
じゃあ代わりにお嬢ちゃんが俺たちを楽しませてくれよ?
あなた

するわけないでしょ?



そう言って私は刀を抜いた。
あなた

お姉さん早く逃げて。

女の子
で、でも…
あなた

私は大丈夫。早く逃げて。

女の子
あ、ありがとうございます!!


そう言って2人のうち1人にを倒した。
モブ( 2 )
な、なんだお前…。チッ
あなた

待て、逃げるなァァ!!




モブさんが逃げ出したので私は追いかけた。


_逃げ足の早いヤツ。 なかなか追いつかない。

だけどここまで来て諦めるのは、真選組お巡りさんとしてのプライドが許さない。


そう思い随分と深追いしてしまった。

気づけば、奴らのアジトっぽいとこまで来てしまっていた。
モブのボスさん
おいおい、ここはお嬢ちゃんが来るようなところじゃないぜ。


そこにはざっと見て数十人の攘夷志士がいた。
あなた

舐めないで貰えます?私一応真選組お巡りさんなんですけど。

モブのボスさん
なのに、お嬢ちゃん1人で乗り込んだのか?
警察ごっこならほかでやんな。
あなた

本物ってこと、証明してあげる。

モブのボスさん
ハッ。小娘一人に何が出来る。やっちまいな。
モブ達
うぉぉぉぉ!!




相手は雑魚と言っても過言ではない。

でも、数が多すぎる。

1人でこんな大人数を相手したことがない。



そこにいた半分以上の敵を倒した頃、

流石に疲れて来た。

あなた

…ハァ、これじゃあキリがない。

モブのボスさん
小娘にしてはよくやったよ。だがここまでだな。



しまった。敵に背中を取られてしまったのだ。

このままじゃ、殺られる!!


そう思った瞬間。

\ボォォォン/ ←爆発音です…

爆発音とともに後ろにいた敵は吹き飛んだ。
あなた

何事?!

モブのボスさん
き、貴様らは…!!
あなた

な、なんでここに…?

近藤勲
近藤勲
通報があったからな、小娘が1人で攘夷志士を追いかけて言ったってな。
土方十四郎
土方十四郎
まさかその子娘がうちのバカ娘だとはな。
沖田総悟
沖田総悟
ほらよ、忘れ物でぃ。
そう言って総悟兄は私に警察手帳を渡した。
あなた

何言ってるの、私はもう真選組はやめたよ。

近藤勲
近藤勲
そうだったのか。ちゃんと退職届け出してもらわないと困るな。
土方十四郎
土方十四郎
出したとしても受け取らねぇがな。
沖田総悟
沖田総悟
ほらほら、チビは危ないからあっち行ってな。
あなた

嫌だね!!真選組辞めるのやめた!!

あなた

覚悟しな雑魚ども!!

モブのボスさん
チッ、退けぇぇ!!
近藤勲
近藤勲
1人たりとも逃がすな!!





攘夷志士達を捕まえて落ち着いた後__
あなた

総悟兄…ププリン食べて……さい。

沖田総悟
沖田総悟
あ?なんて言った?
あなた

プリン食べてごめんなさい!!

沖田総悟
沖田総悟
倍にして返してくれたら許して上げないこともないぜ。
あなた

みんなも迷惑かけてごめんなさい(ニコッ)

土方十四郎
土方十四郎
帰ったら始末書溜まってるからな。
あなた

はーい⤵⤵。

近藤勲
近藤勲
無事でよかったよ。あんま無理すんじゃねえぞ。
あなた

やっぱり真選組大好き!!


[完]
🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹
沖田総悟
沖田総悟
あ、そう言えばあなたの楽しみにしてたシュークリーム食べやした。
あなた

あ?

沖田総悟
沖田総悟
いや、真選組辞めるとか言ってたんでもう帰ってこないかなって思って。
あなた

楽しみにしてたのに!!
バカ!腐れドS!!

沖田総悟
沖田総悟
これでおあいこだろ。
クソチビ。


🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹




土方さんHappybirthday!!!