無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

新たな出会い

今日は警察の研修会?みたいなのがあるらしくゴリ兄、トシ兄、総悟兄はそこへ行くらしい。

クーラーの聞いた部屋で話を聞くだけで仕事が終わるなんて羨ましい!!

私も参加したいと松平のとっつぁんにお願いした所、あっさりとOKが貰えたので一緒に出席する事に。

仕事は適当に押し付けて…。










__というわけで今、会議室みたいな所に4人出来ているんだけど、トシ兄の様子がおかしい。

総悟兄は研修会が始まる前から夢の中へ。

こんな所に来るのは初めてなのでそわそわしながら周りを見ていると、通路を挟んで隣の机には真選組わたしたちの隊服に似ている白い服を着ている人が2人座っていた。


1人は顔が長めでずっと携帯をいじっているおじさん。


もう1人は髪が長くて可愛いと言うより綺麗な私より歳上だと思うお姉さん。

あのお姉さんはもぐもぐと美味しそうにドーナツを食べていた。

__ドーナツ。

多分あのお姉さんはこの前ドーナツ屋であった人だと思う。

見ていると目が合った。急いでそらしたけれど視線を感じる。



彼女との出会いがきっかけで自分を知ることになるなんて、今の私は知るはずも無かった。