無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

そうだ、海へ行こう。
あつーい夏の日。
近藤勲
近藤勲
夏だ!!
沖田総悟
沖田総悟
海だ。
あなた

そうだ、海へ行こう!!

そう。最近は暑い、暑すぎる。

夏といえば海だ!!

という事で私たち3人はトシ兄にこうしょうをしにきたのです。
土方十四郎
土方十四郎
海に行く暇あったら、仕事しろ仕事。
トシ兄乗り気ではないみたい。そうだと思っていたけどね。

ここ最近はこんなに暑いというのにやたら攘夷浪士絡みの事件が多くなかなか休みが取れないのだった。

見回りも強化していてクーラーのきいた部屋にいることも扇風機の前で涼む暇すらないのだ。

そこで、休暇も必要だろうとバカンスを企画したのだ。
あなた

だって暑いしー。

土方十四郎
土方十四郎
そりゃこの部屋に密集してたら暑いだろうな。
沖田総悟
沖田総悟
じゃあ土方さんが消えてくだせぇ。そしたら少しは涼しく…
土方十四郎
土方十四郎
お前らが出てけ!暇なら見回りでも行ってきてくれ。
近藤勲
近藤勲
トシィ、海行こうよー。
トシ兄言うことも間違ってはいない。

忙しいのは確か。だからこそ休憩が必要なのだよ☆
あなた

バカンスに行こうよ!!休みも必要だって。

松平 片栗虎
松平 片栗虎
おじさんはあなたちゃんの意見に賛成だな。
と言い、松平のとっつぁんがきた。
近藤勲
近藤勲
とっつぁん!!
松平 片栗虎
松平 片栗虎
たまには休みも必要だ、海へ行ってこいよ。
あなた

やった!!そうとなったら準備だね!!

土方十四郎
土方十四郎
みんなで行ったら誰がここで仕事すんだよ。俺は残るよ。
松平 片栗虎
松平 片栗虎
ダメだ、テメーも休め。江戸のことは俺に任せて休んでこい。
沖田総悟
沖田総悟
さすがとっつぁん。どっかの休みも知らないチコ厨マヨラーとは違いまさぁ。
松平 片栗虎
松平 片栗虎
よし、じゃあさっさと支度しろ。
あなた

ラジャー。


というわけで準備!!

水着持って、帽子持ってあと浮き輪と…

松平 片栗虎
松平 片栗虎
あぁ、あとお前らのバカンスにちょっとついて行きたいってやつがちるんだが…
松平 片栗虎
松平 片栗虎
そんなめんどくさい奴じゃないから適当に面倒見てやって。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



というわけで海へ来ていまーす!!

ギラっギラの太陽、青く広い海。

The 夏。




クールに波に乗っているあの人は…

毎度おなじみ(?)将ちゃんです。







土方十四郎
土方十四郎
どうですか、波に乗ったご感想は?
土方十四郎
土方十四郎
上様。
徳川茂茂
徳川茂茂
波に乗ってる感がありとても心地よかった。
もう一度やりたい。
あなた

そろそろ、ビーチボールやろうよ!!

ヘリで繋がれて飛んでる将ちゃんみんのも楽しくないし、警備も楽しくないからね。

みんなでビーチボールなら楽しいよきっと!!


トシ兄、ザキくんと将ちゃんチームと私とゴリ兄と総悟兄チーム。

あとは人数が足りないから数人の隊士達でビーチボールをすることになった。



あなた

よしじゃあ、PLAYボール!!


そう言ってサーブを出した。