無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

懐かしい匂い

今日も暑い中見回りをしていると

ドーナツ全品100円キャンペーンをやっている店を見つけた。

こんな日はアイスを食べたいところだけど

ドーナツもたまには悪くないよね。

トシ兄達にもお土産をと思い買うことにした。


きっと中はクーラーが効いていて涼しいんだろうな〜

なんて思いながら店に入ると私と似たような服、

つまり真選組の隊服と似たような服を着ている女の子とすれ違った。

なぜか、どこかで昔あった事があるような気がした。

懐かしい匂いがした。もう一度見ようと振り返ると

その姿はもうなかった。

あの子は誰なのだろう。

考えても仕方ない!と思ったのでとりあえず

ドーナツを買って屯所へ帰ることにした。