無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

じゃん
                数分後
飛鳥
飛鳥
ん?なにこれ。
   机には、アクリルになった私たちの写真があった
飛鳥
飛鳥
すごい....
 私、あなたといる時、いっつもこんなに笑顔なんだ....
               ガチャ
飛鳥
飛鳥
あ、上がってきちゃう。
     私が用意したのは、マフラーとハンドクリーム
              スマホを構えて
_
_
ただい....ま?笑
飛鳥
飛鳥
おかえり〜笑
_
_
宝探し?笑
飛鳥
飛鳥
うーん。そこにある笑
_
_
ほんとだ笑
開けていい?
飛鳥
飛鳥
うん。開けて開けて笑
_
_
おぉ....暖かそう....これは?
飛鳥
飛鳥
ハンドクリーム。あなた結構手乾燥してるから....
_
_
ありがとう!!
                ギュー
_
_
飛鳥大好き〜
         カメラを止めて
_
_
飛鳥。
        あなたの雰囲気が急に変わって。
飛鳥
飛鳥
ん?/////
_
_
....ヤろっか笑
飛鳥
飛鳥
....///
         今日はとことん甘えちゃお///
飛鳥
飛鳥
連れてって?
_
_
はぁい。
              寝室へ行き....
飛鳥
飛鳥
我慢してた。だから....
_
_
いつもより激しくって事ね?笑
飛鳥
飛鳥
/////
_
_
明日、体痛くなっても知らないよ笑
飛鳥
飛鳥
いいの/////早くシて?/////
_
_
ふっ笑
          ステキなクリスマスになりました笑
飛鳥
飛鳥
熱下がってよかったぁ。