無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

記念日ーラストー
麻衣さん
麻衣さん
もう夕方だぁ
飛鳥
飛鳥
あなた遅いね。
                bu...bu...
麻衣さん
麻衣さん
今どこ?だって。
飛鳥
飛鳥
待って。電話する。
              prrrr....
_
_
もしもし?
飛鳥
飛鳥
今どこ?
_
_
外。もうタクシー呼んでるから、出てきて。
飛鳥
飛鳥
了解。待ってて。
飛鳥
飛鳥
もう出てるって。
麻衣さん
麻衣さん
そうなの?じゃあ、行こっか。
               ーーーーーー
あなた
飛鳥!麻衣さーん!
飛鳥
飛鳥
いた!
麻衣さん
麻衣さん
遅かったね?笑
あなた
まぁね笑
あなた
タクシー呼んでるから、乗ろ。
飛鳥
飛鳥
はぁい。
麻衣さん
麻衣さん
ありがとね。
             無事に帰宅した。
飛鳥
飛鳥
疲れたぁー
あなた
そうだね笑
あなた
明日、楽しみ。
飛鳥
飛鳥
私も。
        翌日、学校が終わり............
あなた
飛鳥。レストラン、予約してるから行こっか。
飛鳥
飛鳥
え?ほんと?
あなた
うん。焼肉が良かった?
飛鳥
飛鳥
ううん!どっちも嬉しい!
あなた
良かった。行こ。
           ーーーーレストランにてーーーー
              うわぁ....高そう....
_
_
美味し?
飛鳥
飛鳥
うん。おいひい。
_
_
ははっ笑  かわい。
           そろそろ出さなくちゃ....
    私が用意したのは、お財布と、ショルダーバッグ。




どちらもあなたがよく携帯で調べてたもの。
あなたのお財布、見たことあるけど、結構ボロボロだったし、お出かけする時に、あなたは手ブラ。
飛鳥
飛鳥
あなた。
_
_
ん?
飛鳥
飛鳥
はい。プレゼント。これからもよろしくね。
_
_
まじ?!やったぁ!
飛鳥
飛鳥
あなたうるさい笑
_
_
あ、ごめん....笑
_
_
開けていい?
飛鳥
飛鳥
うん。
_
_
わっ。財布と、カバン....しかも、ずっと欲しかったやつ....
飛鳥
飛鳥
ずっと、携帯で調べてたの知ってるから....
_
_
ありがとう!あ、俺からも....
飛鳥
飛鳥
やった。
_
_
はい!これからもよろしくね!
         結構大きな袋を渡される。
飛鳥
飛鳥
見るよ?
_
_
うん!
飛鳥
飛鳥
まぁ、時計ってことは知って....ん?
_
_
♪〜
飛鳥
飛鳥
....可愛い。
_
_
どっちがいい?
飛鳥
飛鳥
んー。左!
_
_
わかった!俺は、じゃあ、右だ!
飛鳥
飛鳥
これってもしかして....
_
_
ペアウォッチ。思い出に残りやすいと思って。
飛鳥
飛鳥
....ありがとう!
_
_
こちらこそ!いつもありがとう。
     こんな綺麗な腕時計買ったことないし....
飛鳥
飛鳥
....好き。
_
_
ん?
飛鳥
飛鳥
だ、大好き。
_
_
俺も、飛鳥のこと大好きだよ。
_
_
帰ろっか。
早く飛鳥に抱きつきたい。
飛鳥
飛鳥
そうだね。帰ろう。
3ヶ月で、こんなに愛して、愛されるって事を入学したては考えてなかった。
モデルの時とか、私のことを好きな子は、顔がちっちゃいねーとか、可愛いねって言ってくれるけど、正直、そんなことしか思ってないのかなって思ってどんどん自分に自信がなくなっちゃう。



だけど、あなたはいつも私の目を見て、今日あった私のいい所や好きになった1部を言ってくれて....


やっぱりこの人じゃないとダメだ。って改めて気づいた。いつもありがとう。これからもよろしくね。大好き。