無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

俺のお姫さま
   あれこれしてたら、お昼になっちゃった。
飛鳥
飛鳥
あなたー?準備できたよー?
あなた
あぁ、うん。
         スマホを見る
   ー今日の最高気温は、37℃です。ー
  暑さ対策しっかりとして、外へ出ましょう。
あなた
んー....
飛鳥
飛鳥
どうしたの?
あなた
今日、すごい暑くなるらしい。どうする?
飛鳥
飛鳥
え〜
飛鳥
飛鳥
じゃあ、家居ようよ
あなた
そうしよっか。熱中症とか怖いし。
飛鳥
飛鳥
うん。
あなた
あ、お茶飲む?
飛鳥
飛鳥
飲むー!
あなた
ふっ笑
可愛いな
飛鳥
飛鳥
静かにしてよー飲めないじゃん。
あなた
ごめんごめん笑笑
        それから数時間後〜
飛鳥
飛鳥
あなた〜眠い。
あなた
眠いのか。
ベッド行く?
飛鳥
飛鳥
うん....連れてって?
あなた
うん。
    お姫様抱っこで、寝室に連れていく。
飛鳥
飛鳥
Zzz....
あなた
あ、寝てる....
      飛鳥の寝顔はとても可愛い
          ちゅ
あなた
おやすみ飛鳥。
         お姫さまは、結局夕飯時まで寝てました笑