無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

距離が縮まる
あなた
飛鳥、こっち。
飛鳥
飛鳥
うん。
飛鳥
飛鳥
怖い....
あなた
はい。手繋ご?
飛鳥
飛鳥
コクッ)
あなた
大丈夫だよ。
飛鳥
飛鳥
ありがとう。
あなた
浮き輪必要だった?
いるなら、持ってくるけど。
飛鳥
飛鳥
大丈夫だよ。あなたが浮き輪代わりだから笑
あなた
そっか笑
じゃあ、溺れないようにしっかり捕まってて。
飛鳥
飛鳥
うん(照
あなた、すごい腹筋割れてるし、腕が硬い....
        飛鳥、細すぎてギュッてしたら、壊れちゃいそう
あなた
おんぶしてあげる
飛鳥
飛鳥
やったぁ。
飛鳥
飛鳥
重いとか言わないでね?
あなた
大丈夫だよ。飛鳥細すぎて、壊れちゃいそうだから、しっかり捕まっててね。
       飛鳥の胸が背中に当たる
         飛鳥、めっちゃドキドキしてる.....
あなた、緊張してないのかな....?
あなた
飛鳥。
飛鳥
飛鳥
ん?
      大きな岩のところに連れていく。
あなた
飛鳥、伝えたいことがある。
飛鳥
飛鳥
う、うん。どうしたの、?
あなた
俺、飛鳥のことが好き。大好き。
あなた
どうしようもなく好き。だから、ずっと俺のそばにいて欲しい。付き合ってください。
飛鳥
飛鳥
......うん。私も好き。あなたのこと、どうしようもなく好き。
あなた
ほんと?じゃあ、付き合ってくれる?
飛鳥
飛鳥
当たり前じゃん!私もあなたにずっとそばにいて欲しい。
あなた
笑  やった。
あなた
なぁ、してもいい?
飛鳥
飛鳥
ダメだよ。見られたらどうすんの?
あなた
いいよ、見られて。
飛鳥
飛鳥
.....うん。
           ちゅ
     初めてのキスは、塩の味がした。