無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

記念日ー1ー
              〜日曜日〜
冬休みだけど、あなたも私も少し忙しくて、お出かけする余裕があまりなかった。
明日は、3ヶ月記念だから、1人で買い物しようと思ってるけど....
飛鳥
飛鳥
行っていい?
_
_
ダメ!俺も付いてく。
飛鳥
飛鳥
お友達もいるから....いい?
_
_
誰!?
飛鳥
飛鳥
ありさ....
_
_
ほんと?
飛鳥
飛鳥
....うん。
_
_
じゃあ....いいけど....。
飛鳥
飛鳥
ほっ。じゃあ、準備して行ってくるね。
         ホントは、1人はちょっと心細い。
しかも、ちゃんとしたプレゼントをするのは、今回で初めて
前まで、おめでとう!とかこれからもよろしく〜とかしか言ってなかったし....
_
_
あ!あすか。
飛鳥
飛鳥
ん?
_
_
俺、昼から用事でちょっと出るから、鍵渡しとくね。
飛鳥
飛鳥
え?
飛鳥
飛鳥
いつ帰ってくるの?
_
_
多分、結構時間かかる!かも....
飛鳥
飛鳥
え〜....
_
_
ごめんね?帰ってくる時電話するから。
飛鳥
飛鳥
....うん...
               なんでぇ....
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
よし。行くか。
   そう。明日は飛鳥と付き合って3ヶ月目を迎える。
     実は、プレゼントを渡すのはこれが初めて。
あなた
何がいいかな....
      モールに来ると、やっぱり色々悩んでしまう。
あなた
ん〜....ここじゃないな。
あなた
次は、あそこ行くか。
                   ....え?
あなた
....飛鳥?
飛鳥
飛鳥
!?