無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

飛鳥と俺編
     あなたの不意に出る方言がやばい。
_
_
行かんで。
飛鳥
飛鳥
ふふ笑わかったわかった
     行かんで。ってどこの方言だろ....
_
_
お風呂できるまで、やりたいことやっていいけ、行かんで。
飛鳥
飛鳥
ねぇ。
_
_
ん?
飛鳥
飛鳥
どこ出身?
_
_
鳥取だけど。
飛鳥
飛鳥
へぇ〜そうなんだぁ。
飛鳥
飛鳥
方言ってか、訛りとか可愛いなって。
_
_
可愛くないし。方言出とった?
飛鳥
飛鳥
うん。出てた笑
だけど、伝わってるから大丈夫。
_
_
良かった。
            チュ
飛鳥
飛鳥
ん、
_
_
上目遣いされたら俺、止まらんくなっちゃうけん、禁止な?
飛鳥
飛鳥
じゃあ、どうやって見ればいいの?笑
_
_
見なくていいよ〜
〜♪ お風呂が湧きました。お風呂が湧きました。
_
_
はぁー。いい所だったのに。
飛鳥
飛鳥
お風呂入ろ?
_
_
うん///
あなた
な、なに?
飛鳥
飛鳥
なんもなーい
あなた
シャワーもしたし、上がっていい?
飛鳥
飛鳥
えー。湯船に浸かろうよ。
あなた
う、うん
           チャプン
入ってすぐ、飛鳥がバックハグを求めるように、座ってくる
           ギュッ
飛鳥
飛鳥
♪〜
飛鳥
飛鳥
あなた、当たっちゃってる笑
あなた
え、ごめん。
飛鳥
飛鳥
ふふっ笑
いいよ〜
     少しだけ強く抱きしめてしてみる
飛鳥
飛鳥
すごい硬くなってる。大丈夫?
あなた
う、うん。
あなた
そろそろ出よっか。
飛鳥
飛鳥
うん。
あなた
はぁ....
飛鳥
飛鳥
おっきくなりすぎ笑
そんなにしたいの?
あなた
これは、その....
   飛鳥のあれが手に当たっちゃってたから....
       なんて言えないよ............