無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

甘々
_
_
あすかぁー
飛鳥
飛鳥
んー?
ぎゅっ
飛鳥
飛鳥
どうしたの?笑
_
_
ひまぁ
最近、あなたがすごく甘えてくる。
だけど............
飛鳥
飛鳥
ごめん、今、忙しい。
_
_
えぇーなんでぇ。
塩対応するともっと可愛くなるのを知ってるから
飛鳥
飛鳥
離して。
_
_
....
拗ねてるところも可愛い
_
_
風呂入ろ?
飛鳥
飛鳥
まだ、昼なのに?
_
_
ねー入ろ。
飛鳥
飛鳥
先、入ってなよ。
_
_
えー....
対応変えるだけで、こんなに可愛くなるのホントなんなの?笑
_
_
....
飛鳥
飛鳥
....待ってて。すぐ、終わらすから。
_
_
ほんと?!
_
_
♪〜
はぁ....可愛い
まぁ、これはお昼の話であって....
夜になると....?
_
_
ご飯なにがいい?
飛鳥
飛鳥
オムライス、久々に食べたいな....
_
_
了解。チャチャッと作っちゃうね。
飛鳥
飛鳥
待って。
_
_
ん?
ぎゅっ
飛鳥
飛鳥
あたしも手伝う。
_
_
お。いいの?
飛鳥
飛鳥
2人で作った方が美味しくなるでしょ?
_
_
そうだね。じゃあ....
飛鳥
飛鳥
待って。
_
_
飛鳥
飛鳥
エネルギーが足りない。
_
_
へ?
飛鳥
飛鳥
だーかーらー、飛鳥ちゃんのエネルギーが足りてないの!
_
_
....そゆことね。
あなたは、私と目線を合わせて
チュ
優しくキスをしてくれた。
キスした後ににこって笑うあなたの顔は私だけのもの....
飛鳥
飛鳥
....もっと。
_
_
....後でね。作っちゃお?
飛鳥
飛鳥
....むり。まだ、足りない。
_
_
笑   はいはい。
....夜は、私が甘える番。
ーーーーーーーーー
_
_
あすか、野菜切れる?
飛鳥
飛鳥
切れるよ。バカにしてる?笑
_
_
ごめんごめん笑  お願いします!
飛鳥
飛鳥
はぁい笑
㌧㌧....
飛鳥
飛鳥
いてっ....!
_
_
ん?どうした?
飛鳥
飛鳥
....
指を切ってしまった
_
_
だ、大丈夫?
飛鳥
飛鳥
....痛い....
_
_
洗える?痛いけど。
飛鳥
飛鳥
....コク
_
_
よし。待ってて。
そうすると、あなたは、救急箱を持ってきて
_
_
消毒するよ?
飛鳥
飛鳥
....やだ。
_
_
大丈夫。指見なかったら、痛くないから....ね?
飛鳥
飛鳥
....
飛鳥
飛鳥
ごめんね。
_
_
ううん。よく頑張ったね。えらいえらい。
なでなで
なんでか、目が潤んできて....
_
_
あすか、おいで。
ぎゅっ
飛鳥
飛鳥
うぅ....
_
_
料理手伝ってくれてありがとね。助かった。
飛鳥
飛鳥
でも....
_
_
オムライス、もうケチャップかければできるから、食べよっか。
飛鳥
飛鳥
コク....
私のことを気にして料理してくれて....
ドジしちゃっても、優しく抱きしめて慰めてくれて....
_
_
あすか。
飛鳥
飛鳥
_
_
好きだよ。
チュ
飛鳥
飛鳥
....私も///
たっくさん愛情をくれて
やっぱり、あなたじゃないと私生きていけないなぁって思いました。
_
_
沢山甘えていいんだよ。
_
_
いつでも、嬉しいから。
飛鳥
飛鳥
ありがとう。