前の話
一覧へ
次の話

第14話

◎感情はまださ上手く動いてないけど
1,821
2019/05/26 07:22
ライブは、本当に あっという間だった。

最前列で見る、
歌っているEveさん。
喋っているEveさん。
笑っているEveさん。
真剣な顔のEveさん。

全てが、一生忘れられない宝物 になった。
うぐっ、ひぐっ、、( / _ ; )
橘優
もぉぉお、あなた!!
いつまで泣いてんねん!
だってぇぇえ(/ _ ; )
生のEveさんかっこよすぎたし
かわいすぎたし本当に尊すぎた…
絶対今日のこと
忘れない…(´;ω;`)
澤田 涼
あなたちゃんはEveくんのライブ初めてだもんねぇ、本当 何回見ても演出とかすごすぎて…
Sou
Eveくんって本当天才だよね〜
俺も今度ライブするとき Eveくんに相談しよ…
そーちゃんライブするの!?
Sou
あ〜、まだ決まってないんだけどね
ちょっとずつ話は進んでいってるよ!
楽しみにしてて。
えぇぇぇ、嬉しすぎる…(/ _ ; )
絶対行くからね!!??
Sou
うん、待ってる!
ライブ会場から出て、みんなが立ち止まった。
…あれ、みんな帰らないの?
澤田 涼
あ〜、Eveくんと一緒に帰る約束してるから待ってるの!
Sou
あっ、良かったらきさちゃんも一緒に帰ろうよ!!
橘優
まぁ、帰りたかったら帰ってもええけど!
澤田 涼
も〜〜 ばなゆは冷たいなぁ!
あなたちゃんもEveくんと一緒に帰りたいんじゃない?
え…私なんかがEveさんと一緒に帰って良いんですか…?
Sou
良いよ良いよ〜!
説明は俺がするから!!
澤田 涼
一応 面識はあるしね、まぁ今日会っただけだけど
え、もう、あの、死にそう
Sou
生きて〜ww
澤田 涼
じゃあ、ここだと人が多いから裏口の前で待っとこうか
橘優
さんせーい!
ここにおったらまたはぐれそうwww
Sou
ばなゆはね、もっとちゃんと着いて行かないとね!
きれいな子がいたらすぐ見とれちゃうからなぁ〜
橘優
うるさい!
裏口にやってきた私達。

確かに、全然人がいないなぁ…

さっきいたところから数分歩いただけで
こんなに人の量が違うのか。


みんなと話しながらしばらく待っていると、
裏口のドアからEveさんが出てきた。
Eve
お疲れ様でした〜!
って、みんな待っててくれてたの!?
うわぁぁ、こんなに遅いのに…
Sou
Eveくんを置いて帰るわけないでしょー!
ていうか、Eveくん 1人で帰れないじゃんww
Eve
だって、ここら辺の道分かりにくいんだもん〜
…ってあれ、あなたさん…??
あっ、あっ、はい!そうです、あなたです!
すみません私なんかがこんなところに、
Eve
いやいや、全然大丈夫ですよ!
あなたさんも一緒に帰りましょ〜
ていうか、みんなあなたさんと知り合い…?
橘優
俺は学校で同じクラスやし
澤田 涼
あなたちゃんは俺のバイト先の後輩だし
Sou
俺の幼馴染だし!
Eve
えっ、じゃああなたさんのことよく知らないの僕だけじゃん!?
Souちゃんに至っては幼馴染とか…
Sou
いやぁ〜もうね、感動的な再会だったよ、ほんとに
澤田 涼
そんな大したもんじゃなかったけどね
Sou
感動的っていうことにしといて!
Eve
あはは、何かよくわかんないけど、そうなんだ!
え〜っと、じゃあ自己紹介しとこうかな。Eveです。っていうのは知ってると思うけどw 本名は白川伊吹しらかわいぶきっていいます。
あぁぁ、えっと木崎きさきあなたです、よろしくお願いします!
Sou
何かもー、初々しいねw 自己紹介がw
はい!2人がもっと仲良くなるためにLINE交換しよ!
えっ、私なんかただのファンなのに!?
Eve
良いよ〜◎
何か僕、もっとあなたさんと仲良くなりたいかも!
Sou
ほらほら、Eveくんもそう言ってることだし!
あぁぁぁ…もう…
そーちゃん本当ありがとうぅ…(/ _ ; )
Sou
も〜〜、泣かないの!!w
そんなこんなでEveさんとLINEを交換した私。


何か、今日の月は いつもより輝いてる気が…
しないでもない、かな。