無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

災難。


それは当然だった

まるで雷のように衝撃的な1日で____




堀江 莉奈
堀江 莉奈
ねーね、桃也!次はどこ行く?
相川 桃也
そーだな……莉奈の好きな所でいいよ((ニコッ
堀江 莉奈
堀江 莉奈
えー、それが1番悩む!笑
相川 桃也
えぇそんな笑
堀江 莉奈
堀江 莉奈
……あ、じゃあ夕焼け見に行こっ!
堀江 莉奈
堀江 莉奈
もうすぐ夕暮れ時だし、河原すぐ近くじゃん?
相川 桃也
いいよ、行こっか!
堀江 莉奈
堀江 莉奈
やったぁ、!
-河原-
堀江 莉奈
堀江 莉奈
……うわぁ…!!すっごい綺麗!
相川 桃也
だな…!
堀江 莉奈
堀江 莉奈
…この夕焼けバックにツーショット撮りたいなー……なんて、
相川 桃也
…((クスッ
いいよ、撮ろっか
堀江 莉奈
堀江 莉奈
ほんと!?やったぁ…!
堀江 莉奈
堀江 莉奈
【自撮りの準備を始める】
堀江 莉奈
堀江 莉奈
……はい、じゃあ撮るよ〜!
桃也!もっと寄って寄って!
相川 桃也
おう、!
相川 桃也
【近寄る】
相川 桃也
……っ!?うわぁ!?
堀江 莉奈
堀江 莉奈
!?…と、桃也!?
相川 桃也
【河原から下へ転げ落ちて行く】
堀江 莉奈
堀江 莉奈
と、桃也!!!
堀江 莉奈
堀江 莉奈
【下へ駆け寄る】
相川 桃也
【倒れている】
堀江 莉奈
堀江 莉奈
と、桃也!!しっかりして!!桃也!!!!
堀江 莉奈
堀江 莉奈
きゅ、救急車…!!!!
__あの時、私の判断は間違ってなかったと思う。もしかしたら、桃也はもっと悪化していたかもしれない。。。
そう今も考えてしまう。思い出してしまう。
あの時のこと。

元はと言えば私が「ツーショットを撮ろう」なんて言うから……
『大丈夫。莉奈は悪くない。』

この言葉が私の支え。


大好きだよ桃也。忘れられても好きなんです。