無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

家康の所
信長
そうか、家康の城に行くのか
あなた

はい、政宗さんに言われたので

あなた

家康さんも優しいので、行っても良いと言ってくださったので

信長
優しい…ねえ
あなた

はい?

信長
まあ、せいぜい頑張れ
あなた

あ、はい

なんだろう?
政宗さんも面白いとか、
信長様もなんか意味深だし、
そう言えば姫ちゃんも紹介の時変だったな

家康さん、なんかあるのかな?
~数日後~
私は、信長様が付けてくれた数名の家臣の皆さんと家康さんの城に向かった
あなたさん気を付けてね
あなた

うん、ありがとう姫ちゃん

家臣
あなた様、行きましょう
あなた

はい

あ、これ家康に渡して貰っていいかな?
あなた

分かったよ、じゃあね

行ってらっしゃい!
姫ちゃんは文を渡してきた
楽しみだな~

……そう言えば、姫ちゃん
家康さんにどんな文を書いたんだろう…

気になっちゃうのが私の悪い癖なんだよね

…………見ちゃおうw
なになに…
[あなたさんの事よろしく頼んだからね?
あと、ちゃんと寝て、体に気をつけてよ?
ご飯も食べてよ?

(くすツ…姫ちゃん、お母さんみたい
あれ?続きがある)

意地悪したらダメだからね家康!
まだ、
あなたさんは家康の事あんまり知らないんだから!
姫より]
意地悪?あの家康さんが?
あなた

あの、すみません

家臣
はい、何でしょうか
あなた

家康さんって優しいですよね?

家臣
えっと…はい、とても優しいです
え…今ちょっと間があったよね
まさか…ね…
…………………………………
あ、家康さんだ
あなた

家康さん~!

家康
あなたさん!
ようこそ!
あなた

ごめんなさい、急に

家康
いいえ、いつでも歓迎ですよニコ
ほら、やっぱり優しい人じゃんね
あなた

あ、これ姫ちゃんからの文です

家康
ありがとうございます…
(手紙を読む
家康
ボソッ…余計なお世話だよ
あなた

え?

家康
なんでも、ありませんニコ
あなた

そう、ですか

でも、家康さん今
結構本気で、余計なお世話だよって言ったよね?