無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第1話
(なまえ)
あなた
なんで、僕って生きてるんだろ?
(なまえ)
あなた
そっか、なら。自ら命を経てばいいんだ。
童磨
童磨
今夜はいい夜だね?
(なまえ)
あなた
…………。そっか、なら早く死ねば良かっ、た……。
童磨
童磨
なんで?
(なまえ)
あなた
だって、裏切られた。仲間にも鬼殺隊全員に。
童磨
童磨
なら、復讐しない?鬼になって。
(なまえ)
あなた
わたしは、鬼になる。
童磨
童磨
あ。俺は、童磨。
(なまえ)
あなた
ひとつ質問する。
童磨
童磨
ん?
(なまえ)
あなた
黒髪の紫の瞳の花の呼吸を使ってた人。
童磨
童磨
あぁ、あの子?
(なまえ)
あなた
あの人は、私の姉です。もう1人姉がいるんですが。その姉、しのぶ姉さんにも裏切られた。
童磨
童磨
そうか、辛かったね。早速あのお方の所に行こうか!
(なまえ)
あなた
うん。