無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第6話 色沢愛菜side
どうしよう。私のせいでッ……。
あなたは鬼になってしまった。
嫌だよ!どうせなら私も鬼にしてよ!私は、あなた貴方と一緒に居たいの!
そんな時誰かが来た。
童磨
童磨
やあ、いい夜だね?君かい?あなたを悪者にしたのは。
色沢愛菜
色沢愛菜
そうだけど、私やりたくてやってない。周りの柱が目障りなのよ!私のあなたに近づいて!
童磨
童磨
なら、鬼になるかい?それなら、毎日会えるよ?
色沢愛菜
色沢愛菜
なる。あなたと一緒にいれるなら!
童磨
童磨
うん、ならおいで。
あなたと会える!嬉しい。
愛菜side終わり