無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第7話 夢主side
私は、驚いた。
なぜなら、童磨の隣にいたのは私を悪者にした色沢愛菜だったから。
(なまえ)
あなた
な、んで?
色沢愛菜
色沢愛菜
あなた!ごめんね。本当はそんなことしたくなかった。だって、その他の柱に嫉妬しちゃって、
(なまえ)
あなた
そうだったの?
色沢愛菜
色沢愛菜
うん。これからはあなたと一緒に居たいの!
(なまえ)
あなた
でもまだ、戻れない。やっぱり鬼殺隊が憎い。だって、堕姫と妓夫太郎が殺されたもん!宇髄天元と竈門炭治郎!許さない。
色沢愛菜
色沢愛菜
なら私はあなたに協力する。
(なまえ)
あなた
ありがとう!愛菜!
色沢愛菜
色沢愛菜
(❁´∇`❁)ニコッ
(なまえ)
あなた
(❁´∇`❁)ニコッ
童磨
童磨
(あなたちゃん可愛いなぁ)