無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
357
2018/11/02

第1話

You
You
おはよぉ。。。。
眠くてあんまり目が開かない。
ほそくおんま
ほそくおんま
おはよう。あなた
You
You
おはよう。おんま
ほそくおんま
ほそくおんま
ちょっと時計見てみなさい
You
You
うん。。
私は重い瞼を開けて時計を見た
You
You
ん?7時23分。
ほそくおんま
ほそくおんま
遅刻。
You
You
ってあああああああああぁぁぁ!!
忘れてた。。。
私はさっきまで食べていた食パンを口にくわえて玄関を出た
You
You
ひふてきまふ
(いってきます)
ほそくおんま
ほそくおんま
行ってらっしゃい
ほそくおんまさいど
ほそくおんま
ほそくおんま
ふー。。。
あの子最近点数落ちてきてるわね、。。
ほそくおんま
ほそくおんま
塾に行かすしかないか、、、
あなたさいど
もうううううなんでおんま起こしてくんないんだよおおお。。
私は猛ダッシュで学校に行った
You
You
ついたああ!
7時27分だった。
You
You
おはよう!
じみん
じみん
あなた!おはよ!
You
You
おはよう!じみん!
この人はぱくじみん。私の幼なじみ
You
You
あれ、今日てひょんは?
じみん
じみん
それがまだてひょん来てないんだよね。
You
You
いつも1番最初に来るのに。。
じみん
じみん
そうだよね。。
みな
みな
あなたおおおおおおおおおおお!
You
You
うわっ。
この子はみな、私の幼なじみ、ちなみにてひょんも幼なじみ
みな
みな
うわっ。って酷いな、
You
You
ごめんごめんㅎㅎ
じみん
じみん
ㅎㅎ
そして学校が終わった。 飛ばしすぎごめん♡
じみん
じみん
結局てひょん来なかったね
みな
みな
だね。。
You
You
なんかあったんかな。?
じみん
じみん
まあ明日には来るでしょㅎㅎ
あの元気なてひょんが休むの珍しいな。。。
みな
みな
ばいばいー!
You
You
うんばいばい!
いつもは4人で帰ってるけど今日は3人、いつもうるさいてひょんがいないなと違和感しかないな。
じみん
じみん
じゃおれもここで、
You
You
うん、ばいばい!
道がわかれてから家に着いた
You
You
ただいま。
ほそくおんま
ほそくおんま
おかえり、あなた、
You
You
うん。
ほそくおんま
ほそくおんま
あなた。
You
You
ん?
ほそくおんま
ほそくおんま
明日から個別の塾に行ってもらうわ
You
You
え?
えええええええええあえ。。。
You
You
なんで!?
ほそくおんま
ほそくおんま
点数落ちてきてるじゃない。
そういっておんまは私のテストを見せた
You
You
なんで!それもってるの!?
ほそくおんま
ほそくおんま
引き出しにあった。
あ。
You
You
はい。
終わった。。
ほそくおんま
ほそくおんま
ということよ、
You
You
え、。。。
やだ、行きたくないよ。。
ほそくおんま
ほそくおんま
まあ行ってもらうからね
You
You
うー。。。お母さんめ。。
まあでも点数が落ちてきたのはそうだけど。。。
しかたないな。。
明日からか。、
そういって私は深い眠りについた