第50話

もう、嫌だっ...
大西流星
大西流星
あなた、はいるよ〜!



流星side


さっきから、あなたの名前を呼んでるんやけど、、

返事が帰ってこうへんっ!



もう、入ってええよなぁ、、
大西流星
大西流星
あなた!もう、はいるよっ!

『がちゃん』
大西流星
大西流星
あなた?
You
You
はぁ、、はぁ、、うっ、、
大西流星
大西流星
あなた!?
You
You
りゅ、せい、、くるしっ、、はぁ、、
大西流星
大西流星
あなた!!
You
You
.....
大西流星
大西流星
ねぇ、あなた、、グスッ
えっ、あなた、、?



嘘だよね、、大丈夫だよね、、



ねぇ、返事してやっ! グスッ





と、とりあえず、大ちゃん呼ばないと、、グスッ
大西流星
大西流星
だ、大ちゃん!! グスッ
西畑大吾
西畑大吾
流星、どうしたん?
大西流星
大西流星
あなた、、あなたが、、グスッ
西畑大吾
西畑大吾
あなた!?
大吾side



帰ってきたっ!思ったら、流星が泣いとった、、



よくわからんけど、あなたが、、あなたが、言うとるから



あなたになんかあったんか!?思って流星についてった。



『がちゃん』
西畑大吾
西畑大吾
えっ、、、
西畑大吾
西畑大吾
あなた、、?嘘、、やんな グスッ
You
You
...
大西流星
大西流星
とりあえず、病院行かなっ!グスッ
西畑大吾
西畑大吾
せ、せやな、、グスッ
俺は、あなたをお姫様抱っこして、下に降りた。



あなた、ごめんなっ、、、グスッ
大西流星
大西流星
丈くんっ、救急車っ! グスッ
藤原丈一郎
藤原丈一郎
えっ!お、おうっ!
西畑大吾
西畑大吾
ごめんっ、できるだけ早めに来てもらえるか、お願いしてやっ、、グスッ
藤原丈一郎
藤原丈一郎
あなた、、? わ、分かった
高橋恭平
高橋恭平
あなた、、グスッ 
大橋和也
大橋和也
どうしたん、、?
道枝駿佑
道枝駿佑
なぁ、あなたっ!グスッ
長尾謙社
長尾謙社
嘘やんな、、グスッ
高橋恭平
高橋恭平
お、俺のせいや、、グスッ
恭平side




ドタドタと下に降りてきた、大吾くんと流星くん。



よう、見てみると大吾くんが抱えとるのは、



肌が青白く、一言も喋らない、あなたやった...


        "俺のせいや"


この言葉が俺の頭ん中でずっと繰り返されとる


俺は、その場で泣き崩れてしまった、、
高橋恭平
高橋恭平
グスッ、、ごめんっ、、ごめんっ、、
道枝駿佑
道枝駿佑
恭平、、グスッ


『ピーポーピーポー...』



だんだん近づいてきた音、焦る俺たち、、
藤原丈一郎
藤原丈一郎
俺、車出すから、
大吾と恭平は、救急車乗りやっ
西畑大吾
西畑大吾
ごめんっ、丈くん、、グスッ ありがとう
高橋恭平
高橋恭平
俺も、乗ってええんですか?グスッ
藤原丈一郎
藤原丈一郎
恭平、、!
藤原丈一郎
藤原丈一郎
あなたは、お前が近くにおるだけで安心すると思うで?
高橋恭平
高橋恭平
...グスッ 分かりましたっ!
藤原丈一郎
藤原丈一郎
みっちー、大橋、長尾はよ、乗りっ
大橋和也
大橋和也
丈くん、お願いっ...
長尾謙社
長尾謙社
あなた、、グスッ
道枝駿佑
道枝駿佑
分かりましたっ...グスッ
藤原丈一郎
藤原丈一郎
はいよっ

丈一郎side



俺やって、泣くの我慢しとる、、



ほんまは泣きたいっ、


やけど、俺達が泣くんもあなた見たないと思うねんっ


やから、俺は、あなたが目を覚ましてから泣くんや。



あなた、守ってやれなくてごめんっ、、!そして、     
         "がんばれ!"


NEXT⇒
♡×10で次の小説へ