無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

暇だね
案内終わり


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
リヴァイ「わかったな?」


『…………………はい』


やっぱり知ってる通りだったなー


自分の部屋以外は…………まさかもうあるとは………w


リヴァイ「なら俺は仕事に戻る。あとは自由にしろ」


『……………………………』(。_。`)コク


エレンのとこ行こーっと


トットットッ


エレン「あっ!ビャクヤさん!」


やば可愛いんだけど!?


『エレン………!!』


トットットッギュ


アル・ミカ「!?」


エレン「え………えっと💦」


『ごめんね……………もう少しこのまま…』


暖か!!エレン暖かい!いい匂いする!やばい!


ミカサ「ビャクヤさん…エレンから離れてください」


あららーむくれてるー


可愛いすぎでしょ!?


ギュ


ミカサ「!?」


『ミカサとも………』


エレン「よかったじゃねぇか……?」


『アルミンとも…』


ギュ


アルミン「…………💦」


困ってるw幼馴染組可愛いすぎかて_:( _ ́ཫ`):_


ハンジ「えー何何ー?私も混ぜてー♪」


ハンジってイケメンだよねー✨


『…………………………』バッ


ハンジ「ひゃっほーい♪」ギュゥゥ


待って予想以上に強れt((((熱烈ですねw


さすが兵士!!肋骨が折れるかと思いましたよw


『………………満足✨』


ハンジ「あははーよかったねー♪私も満足だよー」


エレン「というかリヴァイ兵長の案内終わったんですか?」


アルミン「確かに…」



『………………終わってます』


アルミン「えっと💦ビャクヤさんは上官なので僕たちには敬語じゃなくていいんですよ?💦」


偉!?凄い偉い!!え?何それ…もう女神ですか?こんちくしょう!!((


『そう………かな……?』


エレン「そうですよ💦」


可愛い!!もう満点!!((何がだよ


『気をつける………』


ミカサ「あのチビに酷いことされたら私に言ってください」


あははwやっぱりリヴァイ兵長のことチビって言うのねw


エレン「おいミカサ💧」


『……………多分大丈夫』


ここでは何故か運動神経がえげつないから( ˙-˙ )


ミカサ「あのチビは酷いことをするから………」


『………………』


『ミカサありがとね…………』(ニコ


ナデナデ


ミカサ「……!!///」


あら可愛い


ミカサ「い、いえ…///」


ハンジ「そろそろ時間じゃない?」


ほえ?


『…………?』



ハンジ「ビャクヤちゃんの身体能力テスト」


『……………………あ』


忘れてたぁ


ハンジ「どうやら忘れてたみたいだねw」


『はい……………💧』


幼馴染組「身体能力テスト?」


ハンジ「うんw皆も見に来たら?wこの後自由時間でしょ?w」


エレン「じゃあ馬面達も連れて来て見るか!」


アルミン「そうだね!」


ミカサ「……………」(コクコク

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
yi.883
yi.883
今日はここまで!
yi.883
yi.883
次回もよろしお!