無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第179話

番外短編 ジュン






SEVENTEENに入れた



デビューできた



メンバーたちに出逢えた



それだけで凄く幸せなのに



好きな人まで出来た
ジュン
ジュン
妖精さん……僕失恋しちゃった……

そう言っても



妖精さんはきらきら輝いて宙を飛び回るだけ



もう、妖精さんったら



慰めてほしいのに……
レン
レン
えっ……
レン
レン
失恋したの……?
ジュン
ジュン

ヒョンに聞かれちゃった……
ジュン
ジュン
……
レン
レン
そっか、……ツラかったな
ジュン
ジュン
ヒョン……
レン
レン
大丈夫、誰にも言わないから
レン
レン
泣いてもいいんだよ?
ジュン
ジュン
ダメだよヒョン……
ジュン
ジュン
泣いたらあの子が心配しちゃうもん……
レン
レン
んだよ、誰だよフッた奴
ジュン
ジュン
フラれてない、告白しないで終わった……
ジュン
ジュン
彼氏が出来たの……
レン
レン
……告白してこい
ジュン
ジュン
え?
レン
レン
伝えずに勝手にフラれて相手に気持ちを気づいてもらえないって悔しくないか?
レン
レン
それでお前は目の前で彼氏との光景を見て後悔ばかりするんだろ?
レン
レン
大丈夫、ヒョンがちゃんと見守ってるから
レン
レン
あなたならさっき休憩所にいたよ
ジュン
ジュン
……ヒョン
ジュン
ジュン
僕ヒョンのこと好きになりたい……
レン
レン
えっ……
レン
レン
女の子がいい……
ジュン
ジュン
ㅎㅎㅎ
ジュン
ジュン
ヒョンの言う通りですね!
ジュン
ジュン
告白しに行ってきます!
レン
レン
おう!ここで待ってるから、頑張ってこいよ!
ジュン
ジュン
はい!

僕はあなたがいるという休憩所まで走った



丁度あなたは休憩所から出る所だったみたいですぐに見つかった
ジュン
ジュン
あなた!

僕は後ろからあなたに声をかけた
ジュン
ジュン
好き!
ジュン
ジュン
大好き!
ジュン
ジュン
あなたの事を愛してる!

思いつく言葉が順に声に出る



まるで自分の気持ちを確かめるように



簡単な言葉



でも強い想いがある言葉
ジュン
ジュン
あなたが幸せなら良い
ジュン
ジュン
僕じゃなくてもいい
ジュン
ジュン
だからあなたは幸せになって

びっくりしてるあなたの可愛い顔



あ……好き……



でも彼女の心には



僕ではない男がいる
ジュン
ジュン
ど、ドキョマと幸せになれー!!
u
u
う、うん、ありがとうオッパ
u
u
えっと……ごめんなさい
ジュン
ジュン
何で謝るのさー、僕はフラれに来たんだからしっかりフッて
u
u
オッパとは付き合えません、私には別に好きな人がいます
ジュン
ジュン
……うん!わかった!
ジュン
ジュン
ありがとうね
ジュン
ジュン
……ごめん、また後で練習のときにね!

僕は込み上げてきた涙を我慢して



半ば逃げる様にその場を離れた
レン
レン
レン
レン
どうだった?
ジュン
ジュン
オッパァァアア!!!!
レン
レン
え?何!?
レン
レン
あ!もしかして女の子がいいとか言ったから!?
ジュン
ジュン
ㅎㅎㅎ
レン
レン
……そうやって無理やり明るく振る舞わなくてもいいんだぞ
レン
レン
泣きたい時はたくさん泣け
レン
レン
お前はよくやったよ

ヒョンは僕の頭を優しく撫でてくれる



ああ、僕が女の子だったらこの人を選ぶのに













なんてね



きっと女の子だったらまた違うんだろうな



あなたの事を好きになることもなく



今こうやってヒョンの胸を借りることもなく



もしかしたら失恋で泣くこともないかもしれない













でも僕は女の子じゃない



だからあなたを好きになった



うん



幸せ
レン
レン
……なんだよ、肩揺らして
ジュン
ジュン
幸せだなーって
レン
レン
そっか
レン
レン
ジュンが幸せならいいんだよ
ジュン
ジュン
ヒョン、ありがとう
レン
レン
うん、相談ならいつでも乗るから
ジュン
ジュン
ありがとうございます

ありがとう初恋



涙で目が洗われたからか



世界がより綺麗に見えた



そして



いつの間にか妖精さんは見えなくなった
ジュン
ジュン
わ、ヒョンがいつもよりイケメンに見える
レン
レン
ふふふ、だろ?