無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第137話







そんな理由……?



私達がいなくなればオッパ達はもっと上に行けるってこと?

ミニョン
ミニョン
あなた
ミニョン
ミニョン
あなたはどう思う?


私に気づいたミニョニオッパが私に問いかける

レン
レン
あなた……


ミンギオッパは心配そうに目線を私にやる











私は……















解散……















ナヒ
ナヒ
解散させませんよ