第64話



そしてヌナは走って何処かへ行ってしまった

















今のヌナを



僕は追いかけられない



僕はヌナを振ったんだ



そんな資格はない




バーノン
バーノン
すみません、、ヌナ、、。


















この時は気づかなかった



ヌナの言ってた



『家族と思えない』は