無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第134話







私は代表を探すため




事務所中を走り回る



でも不思議だ



どの部屋に行っても



廊下にすら



スタッフはいないんだよ



受付にはいたのに……


u
u
もう、……どこにいるの?


まさか今日来てないとかないよね?



私は不安になってきた















しばらくしてある部屋の前で立ち止まった



会議室



中から声が聞こえる



代表の声も










私はゆっくりと扉を開けた