無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話






ソユンはトイレを済ませて




楽屋までの道を歩く




スタッフ
うおっ!
ソユン
ソユン
!!
ソユン
ソユン
大丈夫ですか!?



突然正面から歩いてきた男性のスタッフが躓いて



私は咄嗟に腰に手をあてて



全身で受け止めた(男前)




スタッフ
はい
スタッフ
ありがとうございます
ソユン
ソユン
いえ
ソユン
ソユン
気をつけて下さいね
スタッフ
はい
























交換宣伝してくれる方募集中です!