無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

327
2020/01/01

第2話

ホームに着いて電車から降りると廉は私の手を取って恋人繋ぎをしてきた。
あなた

んふふ😊
いいね、こういうの。

永瀬廉
永瀬廉
ん?
あなた

こうさ、何気ない日常だけど廉の手を繋いで歩くのが嬉しいっていうか、なんとも言えない感じがいいな〜って。

永瀬廉
永瀬廉
あーw
それは、俺も思うで?
あなたとこう毎日こうしてたいな〜っていうのは毎日思っとるよ。
あなた

うんw
てか、今日テストやん😭
忘れてたわw

永瀬廉
永瀬廉
忘れてたん?
でも、あなたなら大丈夫やない?
いつも好成績やしw
あなた

いや、そうなんかな?
自分では思ってないんだけどねw
そういう廉も頭いいやんw

永瀬廉
永瀬廉
そう?
あれ、毎回勉強しないんよ?
あなた

それもそれで凄いんやけどw
それ、自分で言う?笑

永瀬廉
永瀬廉
確かに考えてみたら自意識過剰みたいやなw
あなた

ほんとにw

と、2人してどうでもいい会話w
いつの間にか学校の目の前で5分もしないで学校に着いた。
昇降口で靴を履き替えて教室に入ると、友達の美桜とヒカルがいた。
あなた

おはよう!

今田美桜
今田美桜
おはよう!
高橋ヒカル
高橋ヒカル
おはよう、あなた!
(*>ω<)ω<*)ぎゅ〜♡
あなた

(*>ω<)ω<*)ぎゅ〜♡w

今田美桜
今田美桜
今日も廉と来たの?
あなた

もちろんw

高橋ヒカル
高橋ヒカル
相変わらず仲良しだねw
今田美桜
今田美桜
ほんとほんとw
あなた

ええっ?
そういう美桜とヒカルだっていつも学校来てるでしょ?

高橋ヒカル
高橋ヒカル
まぁ(///∇///)ゞ
今田美桜
今田美桜
そうだね( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝ )♡
私は廉の方を見ると廉は紫耀と勇太と話していた。
永瀬廉
永瀬廉
おはよう!
平野紫耀
平野紫耀
おはよう!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
おはよう、廉!
永瀬廉
永瀬廉
今日テストやろ?
勉強した?
平野紫耀
平野紫耀
したw
けど自信ないw
神宮寺勇太
神宮寺勇太
それなw
そういう廉はしたの?
永瀬廉
永瀬廉
してないw
平野紫耀
平野紫耀
それ、まずくない?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
でも、廉は頭いいから大丈夫でしょ?
平野紫耀
平野紫耀
確かにw
それもそれで凄いよなw
永瀬廉
永瀬廉
そうなん?
それ、あなたにも言われたw
神宮寺勇太
神宮寺勇太
そうなんだ?
まぁ、仲良いもんなw
平野紫耀
平野紫耀
うんうんw
永瀬廉
永瀬廉
そういうお前らだって仲良しじゃんw
平野紫耀
平野紫耀
まぁなw
神宮寺勇太
神宮寺勇太
それ言われたら何も言えないよw
永瀬廉
永瀬廉
それもそうかw
と、何やら楽しそうに話していた。


Next➥