無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

助けて
白石恵
白石恵
樹里先生。お疲れ様。久しぶりのヘリどうだった?
樹里
あ、白石先生。お疲れ様です!
久しぶりのヘリ、本当に楽しかったです。また、頑張ります。
白石恵
白石恵
うん!無理はしないでね!
樹里
はーい🙋
ピーポー
白石恵
白石恵
はい。こちら、翔北病院。
成田消防より、ドクターヘリ応請です。30代男性と、50代男性が川に流されて、30代男性は、ショック状態で意識ありません。
50代男性は、右腕骨折です。意識はあります。
白石恵
白石恵
わかりました。受け入れましょう。
白石恵
白石恵
行くよ!樹里先生と名取先生。
樹里
はい。
名取相馬
名取相馬
(あーめんどくさいわ。まぁ行くか…)
ドクターヘリエンジンスタート
名取相馬
名取相馬
救命の名取です。お名前言えますか?
患者
く、倉田です…
名取相馬
名取相馬
倉田さんですね(医者ぽいじゃん!)
患者さんは、2人とも助かった。
冴島はるか
冴島はるか
ハァハァ。ハァハァ
樹里
大丈夫?お母さん。
冴島はるか
冴島はるか
いいから、早く、オーダー…ハァハァ
樹里
はい。
次の瞬間、冴島さんは倒れた。
ガッシャーン
樹里
え?
冴島はるか
冴島はるか
う、痛い😣痛い😣
緋山美帆子
緋山美帆子
私が見る。エコー
樹里
はい。
緋山美帆子
緋山美帆子
ごめん。ちょっと、お腹見るね。
冴島はるか
冴島はるか
うん。痛い😣
緋山美帆子
緋山美帆子
まずい。娩出が始まってる。
緋山美帆子
緋山美帆子
処置室あいてる?
雪村双葉
雪村双葉
う。は、はい。あ、空いてます…
緋山美帆子
緋山美帆子
そっちのベッドに運ぶ。1,2,3
白石恵
白石恵
ここは、いいから、藤川先生、樹里先生は行って。
樹里
はい。
藤川一男
藤川一男
あぁ、ありがとう。
冴島はるか
冴島はるか
う。痛い😣痛い😣
樹里
手伝います。
緋山美帆子
緋山美帆子
え?あんたの母親だよ。手繋いであげたりしないの?
樹里
お母さんには、本当にたくさん応援してもらっていた。
私が検査入院で、ここに来て入院した時も隣にも、居てくれたけど私が治るように治療法をたくさん考えてくれた。本当に優しかった。嬉しかった。だから、今度は私がお母さんを助ける!
緋山美帆子
緋山美帆子
そう。分かった。
この続きは、次回で!また見てください!