無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

頑張ったね!
藤川一男
藤川一男
樹里は、どうだ…
まだ目を覚ましていないか。
冴島はるか
冴島はるか
うん。まだ…ま…だ…( இωஇ )ウワーン
藤川一男
藤川一男
(はるか…)大丈夫だよ!助かるから!
その時、心電図に波が現れた。
藤川一男
藤川一男
じゅり!樹里!!
冴島はるか
冴島はるか
樹里!分かる?お母さん。
樹里
う…んわか…るよ
藤川一男
藤川一男
俺は、誰か分かるか?
樹里
お…父さん
藍沢耕作
藍沢耕作
樹里。大丈夫か。
俺は、誰か分かるか?
樹里
藍沢…先生
藍沢耕作
藍沢耕作
大丈夫だ。麻痺も言語障害もなさそうだ。
藍沢耕作
藍沢耕作
ここで、手を維持してみて。
藍沢耕作
藍沢耕作
大丈夫そうだ
3日後、検査が行われたが、あきらなか、障害がひとつも無かった。
=平常だって事
藤川一男
藤川一男
良かった…本当に良かった…
樹里は、酸素マスクをしながら、ニッコリと微笑む。
冴島はるか
冴島はるか
樹里!本当にごめんね。
樹里、ばっかり、辛い思いをして…
ほんとうに…ご…め…ん…
( இωஇ )ウワーン
まだ、喋れない樹里は、冴島さんの頭を撫でた。