第3話

ピコンッ 


taehyung
taehyung
朝は一緒に行こうね





テヒョン、プロフィール画像変えてる 。









やっぱり辛いな……




あなた
彼女さんは?
taehyung
taehyung
彼女に話したらいいよって
許してくれた(*´罒`*)






断り続けてテヒョンとギクシャクするのも嫌だし、








朝の登校くらいはいいよね 。








あなた
分かった!一緒に行こう
taehyung
taehyung
やった!!!





┈┈┈





それからテヒョンと朝一緒に通うようになった 。








th
th
でね、彼女がね!!!
th
th
今日デートしようって誘ってくれたんだ!






.
th
th
この彼女の写真可愛くない??
th
th
もう可愛すぎる///////








そう顔を真っ赤にして言うテヒョン 。









テヒョンが付き合いだしてから毎日のように彼女の話を聞く 。








彼女の話を聞く度に、嫌になる 。









私の気持ちなんて知らないくせに 。











ある日









th
th
ねえ、あなた
th
th
これみて!








そう言ってテヒョンは彼女の写真を見せてきた 。








いつも見せてくるけれど、本当は見たくない 。









th
th
可愛くない??
th
th
もう俺の彼女可愛すぎて////////
あなた
ねえ、テヒョン
th
th
ん??
あなた
あのさ、もう彼女の話やめてくれない?
あなた
正直、、、言って聞きたくない







こんなこと言っちゃ、今の関係が壊れてしまうと思う 。









だけど、やっぱり好きな人の惚気話は聞きたくない 。









辛い 。









th
th
あなたは俺達のこと応援してくれてないの?








そりゃあ、応援なんてできないよ……









テヒョンが好きなんだもん。









あなた
(。_。`)コク









暫く沈黙が続き、テヒョンが口を開いた 。








th
th
あなたは応援してくれてると思ってたのに
あなた
…………それは私が幼馴染だから?
あなた
私の気持ちなんて分かってないくせにッ
th
th
え???









もういいや、、、、、









どうにでもなっちゃえ









あなた
私、、、、、ずっと前からテヒョンのことが好きだった
あなた
だから、テヒョンに彼女ができた時すごく辛くて家に帰って泣いた  
あなた
それほどテヒョンのことが好きなのッ…








テヒョンは目を凄く見開いて固まっている 。









あなた
ごめん、、、吃驚させて
あなた
今のはもう忘れて!!









そう言って走って学校に向かった 。