無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

12
そして、会議が始まった。
サナ
サナ
私とテヒョンと一緒に血を吸いに行ってたんだけど、誰かの視線を感じるってテヒョンが言っていたの…
テヒョン
テヒョン
そうなんだ…なんか視線を感じるなって思ったんだ…
ジェニ
ジェニ
で、無視したっていう感じですか?
テヒョン
テヒョン
ああ…
ジョンヨン
ジョンヨン
もしかしたら、よそ者の吸血鬼かもしれないわ…
ユンギ
ユンギ
よそ者の吸血鬼だったら、俺は嫌気がさすな…
ジョンヨン
ジョンヨン
そうですわね…
よそ者の吸血鬼…性別は男なのかな…それとも、女なのかな…?聞いてみよう
ジス
ジス
あの…
ダニエル
ダニエル
ん?どうした?
ジヒョ
ジヒョ
何かあった?
ジス
ジス
その吸血鬼は…男ですか?
それとも…女なのですか?
ダニエル
ダニエル
うーん…
ジヒョ
ジヒョ
…………………………………………
どうしよう…困らせてしまった…こんな質問しなきゃよかったよぉ…
ダニエル
ダニエル
…女だよ?
ジヒョ
ジヒョ
そして、私たちの敵だよ
ジス
ジス
そうなんですか…私も、なんかの視線を感じましたわ…
ダニエル
ダニエル
そうなんだ…
ジヒョ
ジヒョ
ミンギュ、あなたも感じたの?
ミンギュ
ミンギュ
はい、感じました
モモ
モモ
…困りましたわね
ホソク
ホソク
どうしましょうか…
みんな、頭を抱えてしまった…
あ、そうだ!いい考えがあるんだ!!
ジス
ジス
あの!
ジフン
ジフン
お、いい考えがあったんか?
チェヨン
チェヨン
教えて教えて!
ジス
ジス
あのよそ者の吸血鬼を城に入れたらどうでしょうか…?
ジフン
ジフン
え…?
チェヨン
チェヨン
あなた…正気なんですか?
ジス
ジス
はい、決死の覚悟を決めて考えました!
ジミン
ジミン
でも、それが失敗したら…
ミナ
ミナ
この城が乗っ取られるかもしれないのよ?
ジス
ジス
失敗しても、私たちでよそ者の吸血鬼を外に追い出しましょう
ジミン
ジミン
……………………………………
ミナ
ミナ
…………………………………………
また…黙ってしまった…
ジス
ジス
それでも、失敗したら私はこの城を出てくわ…
ジミン
ジミン
…いい考えじゃん、ジス
ミナ
ミナ
あなたの考え、賛成よ!
ジス
ジス
ありがとうございます、ジミン様、ミナ様!
ミンギュ
ミンギュ
💭よし、ジスに厳しい特訓しないとな…
ナヨン
ナヨン
その作戦をしてから、追い出していく感じね!
ジン
ジン
やー、いい考えじゃないか!^^*
ジョンハン
ジョンハン
ジェニ!
ジェニ
ジェニ
はい!
ジョンハン
ジョンハン
特訓しよう!
ジェニ
ジェニ
ええ!
ナムジュン
ナムジュン
ジス、ジェニ、ロゼ、リサ!
BLACKPINK
BLACKPINK
はい!
ダヒョン
ダヒョン
あなたたちも参加してほしいの!
お願いできるかな…?
ナムジュン
ナムジュン
頼む、君たちしかいない!
BLACKPINK
BLACKPINK
わかりました!
ダヒョン
ダヒョン
ありがとう!
ナムジュン
ナムジュン
ありがとう!
ロゼ
ロゼ
頑張りましょう、リサ!
リサ
リサ
うん!
ウジ
ウジ
ロゼ!
特訓するぞ!
ロゼ
ロゼ
はい!
ジョシュア
ジョシュア
リサも行くぞ!
リサ
リサ
はい!
ジョングク
ジョングク
よかったな^^*
ツウィ
ツウィ
ええ^^*
私たちは、この作戦でいくことにした。
だって私たち、よそ者の吸血鬼が大嫌いなんだもん!