無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

9
ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…
ロゼ
ロゼ
ねぇウジ様、待ってください!
ウジ
ウジ
…………………………
ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…
ロゼ
ロゼ
待ってください!!
ウジ
ウジ
………………
ピタッ!!
ロゼ
ロゼ
ウジ…様…?
ウジ
ウジ
おい…
ロゼ
ロゼ
ビクッ! はい…
ウジ
ウジ
お前、うるさい
ロゼ
ロゼ
え…んっ…
ウジ様は私にキスをした。
私は…何が起きたのかわからなかった…
ウジ
ウジ
チュッ…チュッ…チュッ…チュッ…
ロゼ
ロゼ
んん…チュッ…チュッ…チュッ…チュッ…/////
ウジ
ウジ
チュッ…はぁ…(離れる
ロゼ
ロゼ
チュッ…はぁ…/////
ウジ
ウジ
なぁ、なんでここに呼ばれたかわかるか?
ロゼ
ロゼ
はぁ…はぁ…知らない…/////
ウジ
ウジ
それはな…
お前のことが…好きだから
ロゼ
ロゼ
え…?
私は混乱した…
なんで…私のことを散々いじめたクセにそんなこと言うの…?
でも…私は…
ウジ
ウジ
だよな…お前のこといじめた俺のこと、嫌いだよな…
ロゼ
ロゼ
違います!
ウジ
ウジ
え…?
ロゼ
ロゼ
私が…弱虫だから…
ウジ
ウジ
ロゼ…
ロゼ
ロゼ
それでも…私は…
ウジ
ウジ
うん…
ロゼ
ロゼ
ウジ様が好きです!
ウジ
ウジ
え…嘘だ…
ロゼ
ロゼ
嘘じゃありません、私が人間だったころからあなたのことが好きだった…
ウジ
ウジ
…覚えていたんだな
ロゼ
ロゼ
ええ…
ウジ
ウジ
じゃあ…俺の血を吸え
ロゼ
ロゼ
はい…
私はウジ様の首筋に牙を当てた。

ガリッ!
ウジ
ウジ
うっ…
ロゼ
ロゼ
ジュル…ジュル…ジュル…
ウジ
ウジ
んっ…ロゼ…
ロゼ
ロゼ
ジュル…ジュル…ジュル…
ウジ
ウジ
もう、いいぞ…
ロゼ
ロゼ
プハァ…ウジ様…^^*
ウジ
ウジ
好きだ…
ロゼ
ロゼ
私もよ…
ウジ
ウジ
チュッ…
ロゼ
ロゼ
チュッ…
私とウジ様は優しく、包み込むようにキスをした。私の初恋相手がウジ様でよかった…
??
ふーん…ウジ様ねぇ…